《相葉マナブ》頭皮を傷めないシャンプーに最適な温度は38度!40度以上のお湯でシャンプーしてはダメ!?

※相葉マナブ 2013年9月29日放送分より

私達がこれまで特に疑問を持たずに、
何気無く生活していた事には、
より良い方法が他にあるということが、
実は結構ある。

そこで、今回は身近な暮らしの中で、
今すぐ実践出来るより良い方法検証しながら学ぶ。

シャンプーに最適な温度とは?

ウェザー・ニュースの調査によると、
日本人のお風呂のお湯の設定温度は、
7割以上の人が40~42度の間という結果が出ている。

つまりシャンプーをする時も、
その位の温度で洗っている人が多い訳だが、
国際毛髪科学研究会の井上哲夫会長によると、
シャンプーに最適な温度は、
38度位のぬるめのお湯だという。

頭皮や髪についた脂の汚れは、
36.5度以上で溶け出す為、
それよりも低い(36.5度以下)だと汚れは落ちにくく、
逆に40度以上は、
汚れを落とすだけでなく頭皮を傷める可能性がある。

つまり汚れを落とし、
頭皮を傷めない、
シャンプーに最適な温度は38度であるといえる。

《もうちょっと調べてみた&所感》

頭皮のケアというと、
シャンプー剤であったり、
マッサージであったりに考えがいきがちですが、
お湯の温度も関係しているとは、
盲点だった人も多いのではないでしょうか。

実際問題、私もこの情報は今回初めて知りました。

とはいえ40度以上の熱い風呂でないと、
風呂に入った気がしないという方も多いのも事実でしょう。

シャンプーの時だけでも、
お湯の設定温度を変更するのが、
今後の頭皮ケアにおいては得策と言えるでしょう。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ