《リアルスコープ》最新!赤い新幹線「E6系新幹線・スーパーこまち」の秘密!実はミニ新幹線の仲間!

※潜入!リアルスコープハイパー 2013年9月28日放送分より

今回はJR、東京メトロ全面協力、
新幹線&地下鉄の裏側スペシャル。

最新!赤い新幹線「スーパーこまち」の秘密

今年(2013年)の3月にデビューした、
真っ赤なボディが大人気のE6系スーパーこまち

その秘密を探るため、
川崎重工業兵庫工場を番組は訪れた。

スーパーこまちの内部に潜入すると、
こまちというだけあって、床は稲穂模様。
日除けにも稲穂模様が採用されている。

そして運転席に潜入。
運転席はこじんまりとしていて、
運転台は非常にシンプル。

左側のブレーキレバー、
右側のアクセルレバー以外は、
目立ったモノは見当たらない。
窓には3枚の日除けがある。

そしてスーパーこまちは外側にも秘密がある。

車体の下には、
雪を溶かす新開発されたヒーターが搭載されており、
その為、雪の中の走行安全性がアップした。

そんなスーパーこまちは、
ボディがそっくりなE5系新幹線と比較すると、
スーパーこまちの方が幅が狭い。

実はスーパーこまちはミニ新幹線の仲間で、
在来線の大きさに合わせ、
幅が通常の新幹線よりも40cm狭くなっている。

すると通常の新幹線のホームでは、
幅が狭い分、ホームと入り口の間に、
隙間が出来てしまい危険。

そこである方法でその隙間を埋めている。

その方法とは、
駅に近づくと車体のドアの下の部分がパカっと上がり、
ホームとの隙間を埋めるステップになる事である。

《もうちょっと調べてみた&所感》

ちなみに東武伊勢崎線の浅草駅も、
駅のホームが全体的に曲がっているので、
新幹線ではありませんが、
電車の一部ととホームの間に大きく溝が出来てしまいます。

そこは駅員さんがわざわざ電車が到着する度に、
ステップを用意してくれるそうですよ。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

7 Responses to “《リアルスコープ》最新!赤い新幹線「E6系新幹線・スーパーこまち」の秘密!実はミニ新幹線の仲間!”

  1. Title

    […]The information mentioned within the post are some of the most beneficial readily available […]

  2. Title

    […]here are some hyperlinks to web pages that we link to since we believe they may be worth visiting[…]

  3. Title

    […]although sites we backlink to below are considerably not associated to ours, we feel they’re basically worth a go through, so have a look[…]

  4. Title

    […]Sites of interest we’ve a link to[…]

  5. asdfsdfxcvxxasa より:

    Title

    […]Here are a few of the web-sites we recommend for our visitors[…]

  6. Title

    […]please take a look at the web pages we adhere to, like this 1, because it represents our picks from the web[…]

  7. Title

    […]Sites of interest we have a link to[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ