《みんなの家庭の医学》30秒でわかる!息切れの原因簡単チェック方法!異常があるのは肺?心臓?

※たけしのみんなの家庭の医学 2013年9月24日放送分より

洛和会音羽病院に勤務する、
呼吸器の名医・長坂行雄先生が、
30秒で分かる息切れの原因を、
簡単にチェック出来る方法を紹介する。

30秒でわかる!息切れの原因簡単チェック

息切れの原因は大きく分けて、
2つあると言われている。

1つ目は肺や気管支などの、
呼吸器の異常によってなるもの。

2つ目は心臓などの、
循環器の異常によってなるもの。

自分の「呼吸数」と「脈拍数」を、
15秒ずつ測るだけで、
「肺(呼吸器)」「心臓(循環器)」のどちらに異常があるか、
見当をつける事が出来る。

この検査は日頃、
息切れを感じる方にやってもらう検査であるが、
今息切れを感じなくても(自覚症状がなくても)、
何らかの異変が見つかる場合があるので、
試した方が良いという。

チェック方法は以下の通り。
①紙と鉛筆を用意。

②髪に5つの四角を横並びで書く。

③15秒間で何回呼吸するのかを数える。
※吸って吐く一連の動作で1回とみなす。

④測った呼吸の数を4倍に計算し、
先程書いた四角の左から2番目に記入。

⑤測った呼吸の数を5倍に計算し、
先程書いた四角の右から2番目に記入。

⑥15秒間の脈拍数を数える。
※利き手でない方の脈を使用。

⑦測った脈拍数が呼吸数の4倍より低ければ、
先程書いた四角の一番左側に記入。

⑧測った脈拍数が呼吸数の4倍から5倍の間か同じ場合、
先程書いた四角の真ん中に記入。

⑨測った脈拍数が呼吸数の5倍より大きければ、
先程書いた四角の一番右側に記入。

そしてこの検査で、
一番右側の四角に記入した場合は心臓に、
一番左側の四角に記入した場合はに、
息切れの原因ある可能性があるという。

ちなみに真ん中の四角に記入した場合は、
正常であるという。

心臓に問題がありと該当した人で、
血圧が高い、喫煙者、息切れしやすい人は、
循環器内科で検査をした方が良い。

一方で、肺に問題がありと該当した人で、
ゼーゼー音がする、咳・タンが出る、横になると息切れする、
という人は、
呼吸器内科で検査をした方が良い。

《もうちょっと調べてみた&所感》

文字に起こすと結構面倒くさそうですが、
紙とペンさえあれば1分もかからず、
検査可能なので、
息切れし易いという方はチェックしてみて下さい。

ちなみに私が行った所、
元々呼吸器系統が弱いと自覚しておりましたが、
やはり一番左側に該当致しました。

ゆえに精度はかなり高いと思われるので、
試してみる価値は十分にあると思います。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ