《ジョブチューン》職業柄の誤解「冒険家・三浦雄一郎、サッカー選手・澤穂希、脳科学者・茂木健一郎、元刑事・飛松五男の場合」

※ジョブチューン 2013年9月14日放送分より

プロフェッショナルな皆さんに、
職業柄誤解されている事をうかがう。

冒険家・プロスキーヤー
三浦雄一郎の誤解されている事

冒険家・プロスキーヤーである三浦雄一郎が、
仕事柄誤解されている事を明かす。

登山家・冒険家は肩書だけは立派だが、
三浦雄一郎自身は寒がりで末端冷え性で、
それで暑がりでもあるという。

逆に寒がりではあるので、
凍傷、遭難しないように、
人よりも用心深くなっているという。

女子プロサッカー選手
澤穂希の誤解されている事

女子プロサッカー選手である澤穂希が、
仕事柄誤解されている事を明かす。

澤穂希はサッカーをしているので、
足が速いと思われがちだが、
実は全然速くないことを明かした。

初速は速く、
10~20m走はチームでもトップクラスだが、
50~100m走になると全然ダメであるという。

脳科学者
茂木健一郎の誤解されている事

脳科学者茂木健一郎が、
仕事柄誤解されてい事を明かす。

よく自身の髪型がパーマと誤解されるが、
これは全くの天然で、
茂木健一郎は1ヶ月に1回のペースで、
コンビニの袋とはさみを持って、
お風呂場で自分で自身の髪を切っている事を明かした。

また、
脳科学者なので、
何を考えているのか頭の中身が分かるだろうと、
指摘される事が多いが、
これは全然わからないという。

元刑事
飛松五男の誤解されている事

元刑事である飛松五男が、
仕事柄誤解されている事を明かす。

飛松五男は元刑事なので、
堅苦しくて頑固者と思われガチだが、
本当はめちゃくちゃフレンドリーである事を明かした。

《もうちょっと調べてみた&所感》

最初の三浦雄一郎さんの話は、
非常に良く理解できると申しますか、
そうなんだろうなぁと感じました。

と申しますのも、
過酷な環境で冒険する訳ですから、
当然、人一倍危険と隣り合わせの事をしている訳です。

ですから、
人一倍にリスクに対して、
繊細に感じ取れるのかなと話を聞いてて思いました。

まぁ寒がり、暑がりがリスクかというと微妙ですが、
人よりも環境変化に弱い事を自覚している、
あるいはそう思い込んでいるがゆえに、
あのような冒険が可能なのではないでしょうか。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ