《世界一受けたい授業》棒立ち(同じ姿勢)の仕事をする職業は足がむくみやすい!足のむくみは下肢静脈瘤になる危険性が!

※世界一受けたい授業 2013年9月14日放送分より

女性の多くが悩んでいるむくみ

このむくみに警鐘を鳴らす、
帝京大学医学部外科准教授の新見正則先生が、
むくみについて解説を行う。

むくみのメカニズムについてはコチラの記事に記載。

どんな仕事(職業)の人がむくみやすい?

むくみになる最大のポイントは、
同じ姿勢」でいること。

1番むくみやすく危険な仕事(職業)は、
飲食店のキッチンで働く、
例えばラーメン屋や寿司屋さんだという。

狭い場所で棒立ちのまま仕事する職業は、
むくみやすいことが説明された。

棒立ち(同じ姿勢)を続けているとどうなる?
足のむくみの危険性!

棒立ち(同じ姿勢)のままでいて、
足のむくみが発生するとどんな危険性があるのか、
新見正則先生が解説。

結論から言えば、
足にボコボコの血管が浮き出る、
下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)という、
症状になってしまう。

下肢静脈瘤になる理由(メカニズム)とは?
具体的な症状は?

下肢静脈瘤になる理由(メカニズム)と、
具体的な症状について解説。

心臓のポンプ機能によって静脈を流れる、
血液は足から心臓に向かって流れている。

重力が働いているので、
血液は下に落ちると思われるが、
実は逆流防止弁という物があるので、
下には落ちていかない。

しかし棒立ち等が原因で、
この逆流防止弁が壊れると、
下から上がる血液と、
重力で落ちてくる血液が混ざり合い留まる。

その結果、足の血管が、
ボコボコに浮かび上がってしまう。

命に関わる症状ではないというが、
痛い、だるい、重い等の症状があらわれ、
見た目が気になるといった方は、
手術をした方が良いという。

《もうちょっと調べてみた&所感》

私の父が軽めですが、
この下肢静脈瘤という、
症状を持っていましたね。

特に立ち仕事という訳ではなかったのですが、
デスクワークが多い仕事だったので、
棒立ちでなくとも、
やはり同じ姿勢でいるのは良くないのでしょう。

但し、上述されたように、
特にこの症状が出たからといって、
命を脅かすわけではないようなので、
その点は安心して良さそうです。

治療方法としては、
私の父もしておりましたが、
サポーター等の弾性包帯様なものを巻き、
下肢に余分な血液がたまることを予防し、
静脈の流れを助ける方法があります。

但し、これは治療法というよりは、
進行防止、現状維持を目的としております。

やはりきちんとこの下肢静脈瘤を、
治療するとなると、
手術やレーザーを使用したモノが、
一般的なようですよ。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

3 Responses to “《世界一受けたい授業》棒立ち(同じ姿勢)の仕事をする職業は足がむくみやすい!足のむくみは下肢静脈瘤になる危険性が!”

  1. Title

    […]The details mentioned inside the post are a few of the ideal out there […]

  2. Title

    […]one of our visitors a short while ago encouraged the following website[…]

  3. Title

    […]we like to honor quite a few other internet internet sites on the net, even though they aren’t linked to us, by linking to them. Below are some webpages really worth checking out[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ