《世界一受けたい授業》むくみ発生のメカニズム(原因)は皮膚下の水分!皮膚下に細胞に水分が溜まりむくんでしまう理由とは?

※世界一受けたい授業 2013年9月14日放送分より

むくみの発生するメカニズム(原因)!

女性の多くが悩んでいる足のむくみ
実はこれ、
皮膚の下で水分が増えて太くなっている。

むくみとは、
細胞と細胞の間にある水分が異常に増え、
皮膚がぱんぱんに膨らむ現象である。

このむくみに警鐘を鳴らす、
帝京大学医学部外科准教授の新見正則先生が、
むくみについて解説を行う。

皮膚下の細胞に水分が溜まる理由とは?

皮膚の下で水分が増えると、
むくみが発生するが、
なぜ皮膚下に水分が溜まるのか、
その理由を新見正則先生は説明。

血液は動脈で全身を巡り、
静脈を通じて心臓に戻ってくる。

この時、血液中の水分が細胞に送られ、
余った水分はまた血液に戻ってくる。

しかしデスクワーク等、
同じ姿勢をしていると、
足の静脈が太くなり、
血液の流れが悪くなる。

例えるなら川の下流は幅が広いけれど、
流れが遅いのと同じ理由である。

流れが遅くなることで、
静脈の圧が強くなり、
細胞にあった水分が血管内に戻りにくくなる。

そうする事で、
細胞と細胞の間に水が溜まるようになってしまう。

すると皮膚の下の組織がパンパンに腫れしまい、
これがむくみの正体である。

《もうちょっと調べてみた&所感》

ちょっとこの説明だと、
足りない部分があると思うので
私の方からも補足説明差し上げます。

まず同じ姿勢でいると、
足の静脈の血管が太くなるのは、
重力のせいですね。

重力によって、
血液が下に落ちようとする力が加わるので、
血流が滞り易くなり静脈の血管が太くなるわけです。

次に静脈の血管が太くなると、
血液の流れが悪くなる理由に関して説明致します。

静脈の血管が狭い時は、
心臓から送り出される血液の圧力が集中される為に、
流れが速くなります。
一方で静脈の血管が太い時はその逆で、
心臓から送り出される血液の圧力は分散される為に、
流れは遅くなります。

つまり同じ姿勢でいる事は、
重力と静脈の血管の拡張によって、
ダブルで血液が滞り易くなってくると言えます。

そしてこの血液の滞りが静脈の圧をあげ、
むくみを発生させてしまうというわけです。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

6 Responses to “《世界一受けたい授業》むくみ発生のメカニズム(原因)は皮膚下の水分!皮膚下に細胞に水分が溜まりむくんでしまう理由とは?”

  1. Title

    […]just beneath, are several entirely not connected web-sites to ours, nonetheless, they may be certainly really worth going over[…]

  2. estate car taxi より:

    Title

    […]the time to study or stop by the content material or web-sites we’ve linked to below the[…]

  3. Title

    […]Every after in a when we pick blogs that we read. Listed below would be the most recent internet sites that we choose […]

  4. Title

    […]please pay a visit to the web sites we follow, which includes this one particular, as it represents our picks in the web[…]

  5. Title

    […]Here are a few of the web-sites we advocate for our visitors[…]

  6. Title

    […]although web sites we backlink to beneath are considerably not associated to ours, we feel they are basically worth a go via, so possess a look[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ