《今、この顔がスゴい!》えらの張った大きな顔を小さく見せる小顔メイク術!田村俊人 手軽に出来るプチ整形メイク!

※今、この顔がスゴい! 2013年9月5日放送分より

今回はメイクの悩み、
全部解決しちゃうスペシャルの第2弾。

ギャルのカリスマ今井華は、
メイクに目覚めてからギャルメイクしかした事がなく、
ギャルメイクは男性ウケが悪いので、
手軽に出来る清楚系メイクをしたいという悩みを告白。

この悩みの解決策として、
普段のメイクに1分手を加えるだけでOKの、
プチ整形メイクが挙げられた。

このプチ整形メイクの達人として、
ヘアメイクアーティストの田村俊人が紹介された。

田村俊人は、
プチ整形メイクと整形メイクの違いとして、
整形メイクはしっかりとしたメイクが特徴だが、
プチ整形メイクはよりナチュラルで、
普段のメイクのちょっとしたプラスを与えることで、
変わって見えるメイク法であると説明。

田村俊人は「えらが張って顔が大きく見える」という悩みを解消し、
小顔に見せるプチ整形メイクの方法を紹介。

ポイントは「4本の小顔ライン」である。

一般的に小顔に見せる為に、
顔の輪郭(あごのライン)に、
ファンデーションを濃く塗りがちであるが、
田村俊人流の小顔メイク術は異なるという。

まず1本目の小顔ラインはこめかみから頬骨にかけて引く。

そして2本目の小顔ラインはこめかみからあごにかけて引く。

3本目の小顔ラインはこめかみから首の後ろにかけて引く。

最後の4本目はこめかみから下あごにかけて引く。

特に注意したいのが、
4本の小顔ラインで塗るファンデーションの濃さ。

1本目と3本目は比較的濃い目に塗り、
残りの2本は薄く塗る。

ファンデーションの濃さとラインで、
小顔を演出出来るようになる。

《もうちょっと調べてみた&所感》

いわゆる整形メイクのような濃い形で、
はっきりと小顔に見せたい場合は、
従来通りのあごより下のフェイスラインに、
フェンデーションを塗りたぐる、
コチラの記事でも紹介致しました、
ハーフ顔メイクがうってつけかもしれません。

しかし今回はあくまでも、
よりナチュラルに見せるプチ整形メイクがテーマ。

上述したハーフ顔メイクのような、
がっつりとして小顔メイクであると、
ファンデーションを塗りたぐっているがゆえに、
その上から素人がメイクを施すのはなかなか難しくはあります。

その点、
プチ整形メイクのメリットはなんといっても、
他のメイク術と併用が可能であるという点です。

メイク自体も1分で終わる手軽さの為、
顔の大きさが気になるという方は、
普段のメイクの前に、
このメイク術を取り入れてみると良いかもしれませんね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ