《今、この顔がスゴい!》きゃりーぱみゅぱみゅ顔になれるマスク顔メイク法!ざわちん流のものまねメイクのポイント!

※今、この顔がスゴい! 2013年9月5日放送分より

今回はメイクの悩み、
全部解決しちゃうスペシャルの第2弾。

たんぽぽの白鳥久美子は、
自身の昔っぽい顔がコンプレックスなので、
時代の最先端を行く、
きゃりーぱみゅぱみゅ系の顔になりたいという悩みを告白。

この白鳥の悩みに関して解決策となるのが、
今、女性の間で話題のマスク顔メイク法である。

マスク顔メイク法とは、
マスクを使用しメイクを目元に限定することで、
誰でも芸能人そっくりになれるものまねメイク術である。

このマスク顔メイク法の達人として、
1日最高370万回ブログが閲覧される程、
若い女性から支持を集めている、
ざわちんが紹介された。

ざわちんがきゃりーぱみゅぱみゅ風、
ものまねメイクの方法を紹介する。

ポイントはたった3つだけ。
このポイントを抑えることで、
誰でも簡単にきゃりーぱみゅぱみゅ顔に変身出来る。

ポイント①
リキッドコンシーラーで眉毛の存在感を消す。

きゃりーぱみゅぱみゅの眉毛は、
色が明るくて、存在感がないのが特徴。
ゆえに肌色のリキッドコンシーラーを用いて、
眉毛の存在感を消していく。

ポイント②
アイラインを描くときに瞳の上だけ幅広く描く。

通常アイラインというのは同じ幅で引いていくが、
瞳の上の部分を幅広く描くことで、
きゃりーぱみゅぱみゅ風の丸い瞳の印象に変わる。

ちなみに書き足す幅の広さは、
凡そ1.5mm程度である。

ポイント③
アイブローペンシルで涙袋の境界線を引く。

きゃりーぱみゅぱみゅの涙袋は、
非常にくっきりしているので、
笑顔を作った時に出来る涙袋の境界線を、
アイブロウペンシルで濃くする。

そして、
その境界線を綿棒等でぼかすと、
より自然な涙袋を演出出来るという。

《もうちょっと調べてみた&所感》

マスク顔メイク法が、
今巷で流行しているとは知りませんでした。

このものまねメイクは、
雑誌で特集が組まれる程に、
巷で注目を集めているそうですよ。

そして、
確かにざわちんさんは、
目元にメイクを施すだけで、
まるで別人のように変身されておりました。

アイメイクだけで、
驚愕の変身を遂げることもさることながら、
アイメイクがいかに重要か知らしめる内容になりますね。

その他、
ざわちんさん流のものまねメイクの方法は、
彼女のブログで公開されているようです。

気になる方はチェックして見ると良いかもしれません。

きゃりーぱみゅぱみゅさんの他にも、
ざわちんさんの代名詞ともされている、
板野友美さんのものまねメイクの方法や、
その他ためになるメイク術が多数掲載されています。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

7 Responses to “《今、この顔がスゴい!》きゃりーぱみゅぱみゅ顔になれるマスク顔メイク法!ざわちん流のものまねメイクのポイント!”

  1. Title

    […]here are some links to websites that we link to due to the fact we consider they are really worth visiting[…]

  2. Title

    […]here are some links to web-sites that we link to mainly because we believe they’re really worth visiting[…]

  3. asdfsdfxcvxxasa より:

    Title

    […]Here are several of the web-sites we recommend for our visitors[…]

  4. Title

    […]The information talked about inside the write-up are several of the ideal offered […]

  5. Funny Face Mask より:

    Title

    […]usually posts some extremely interesting stuff like this. If you are new to this site[…]

  6. Title

    […]Every once in a whilst we select blogs that we read. Listed beneath are the most current internet sites that we pick out […]

  7. Title

    […]the time to read or go to the subject material or web-sites we have linked to below the[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ