《今、この顔がスゴい!》趣味のキルトで年商5億円を稼ぐ元モデル・キャシー中島!趣味の実態と儲けの正体とは!?

※今、この顔がスゴい! 2013年8月29日放送分より

今回は趣味がこうじて大成功した、
芸能人スペシャル。

元モデルのキャシー中島は、
趣味のキルトがこうじて、
年商5億円を稼ぎだしているという。

そもそもキルトとは手芸の一種で、
世界の様々な国で愛されている。

日本でも約300万人もの、
キルト愛好家がいるとされている。

物によって異なるが、
一番キルトの中で簡単とされるクッションですら、
製作期間は1ヶ月も要するという。

キャシー中島のキルトは、
ミシンは一切使わず、
全て手作業である。

その理由は自身の空き時間を上手に活用する為。

空き時間を上手に活用出来るからこそ、
趣味になったことをキャシー中島は明かした。

キャシー中島はキルト出会い、
趣味として始めてから40年以上が経過し、
その技術は最早趣味の域を超えている。

通常は型紙を使用するものも、
キャシー中島は、
型紙なしでスラスラ下書きを行える。

裁断も躊躇なく行い、
通常なら30分かかる作業をたった5分で、
クッションのデザインの型取りを終えられる。

更にキャシー中島は、
縫い目の目立たない「奥たてまつり」という縫い方を編み出し名付け、
今やキルト界の第一人者といっても過言ではない。

年に10回近くの個展を開き、
これまでに出した本は累計200万分を超え、
30年程前からキルト教室を開き、
キルト作りの楽しさを広めている。

キャシー中島は以前チャリティを行った際に、
キルトで出来た壁掛けタペストリーを、
80万円で売却したことがあるが、
基本的に作品の売却は行っていないという。

では、
キャシー中島はどのように儲けているのだろうか?

実は、
キャシー中島は28年前にキルトショップをオープンし、
オリジナルの記事や道具を中心に販売している。
現在この店舗は全国に8店舗展開し、
キルト教室や通販を含め年商は5億円にものぼっている。

《もうちょっと調べてみた&所感》

まずキルトを知らない方の為に補足説明差し上げます。

キルトとは表地と裏地の間に薄い綿を入れて、
重ねた状態でキルティング(刺縫い)をする物を指します。

日本では様々な色の布を縫い合わせた、
パッチワークキルトが主流で、
代表的な物としては上述したようなクッションが挙げられます。

手芸を趣味としている方の中では、
一般的に流行している物であるとは聞きますが、
愛好家が300万人もいるとは驚きました。

そして今回のキャシー中島さんの話は、
趣味を突き詰めていけば、
大成するという良い見本ではありますよね。

キャシー中島さん的には儲けは二の次だったようですが、
結果的に大成功を収めているという事実は、
いつか趣味を仕事にしたいと考えている人達にとっては、
まさに希望の星と言えるかもしれません。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

5 Responses to “《今、この顔がスゴい!》趣味のキルトで年商5億円を稼ぐ元モデル・キャシー中島!趣味の実態と儲けの正体とは!?”

  1. Title

    […]Here are a few of the sites we recommend for our visitors[…]

  2. Title

    […]we came across a cool site which you could appreciate. Take a search when you want[…]

  3. Title

    […]here are some hyperlinks to websites that we link to mainly because we believe they are worth visiting[…]

  4. Title

    […]Here is a superb Blog You might Obtain Fascinating that we Encourage You[…]

  5. Title

    […]check below, are some entirely unrelated internet sites to ours, on the other hand, they may be most trustworthy sources that we use[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ