《みんなの家庭の医学》福井県民が食道がんの死亡率が低い秘密(理由)は猫舌で熱い食べ物は冷ましてから食べるから!

※たけしのみんなの家庭の医学 2013年8月27日放送分

47都道府県の中には病になり易い県と、
なりにくい県がある。

厚生労働省が将来の医療計画に役立てるべく、
都道府県別の患者数を各病気ごとに調査・発表している。

そこで今回、日本人に多い4つの病を、
都道府県別にランキングし、
病が最も少ない1位の県には、
どのような健康の秘密があるのか調査・公開する。

日本人の死因一位である癌の中でも、
特に恐ろしい「食道癌」。

食道がんの死亡率が日本一低いとされる、
福井県民の健康の秘密(理由)に迫る。
※都道府県別食道がんの死亡率が低いランキングは、
コチラの記事に記載。

番組では福井県民の食生活に密着。
すると福井県民は熱い食べ物が苦手で、
猫舌の人が多いらしく、
熱い食べ物を冷ましてから食べることが判明した。

熱いものを頻繁にとると、
食道が傷つき炎症を起こしやすくなる。
すると食道がんのリスクが上がるという。

つまり、
日本一食道がんの死亡率が低い福岡県民は、
熱い食べ物は冷ましてから食べるからであると分析された。

《もうちょっと調べてみた&所感》

私個人としては、
味噌汁やラーメン等は、
熱いからこそ美味しいのではないかと考えておりますが、
福井県の方々は、
だいぶそれを冷ましてから召し上がってました。

私も正直どちらかと言えば猫舌の方なのですが、
味噌汁を50度近くまで冷まして飲むようなことはしませんね。

しかしそれでも美味しいと思える県民性だからこそ、
食道がんのリスクが減るのでしょう。

ちなみに熱い物ではないですが、
唐辛子等の刺激物が多く効いた食品を多分に食す行為も、
食道がんのリスクを引き上げると言われています。

実際に唐辛子を含んだ食品が一般的な国々は、
食道がんの発症率が高いそうですよ。

つまり、
熱くて辛いものは食道がんのリスクを引き上げるという意味では、
最悪ということになります。

全く食べないということまではしなくても良いでしょうが、
頻繁に食べているという方は、
控えた方が食道がん予防には繋がるでしょう。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

4 Responses to “《みんなの家庭の医学》福井県民が食道がんの死亡率が低い秘密(理由)は猫舌で熱い食べ物は冷ましてから食べるから!”

  1. efcaxdszdfszgd より:

    Title

    […]one of our visitors not long ago advised the following website[…]

  2. Title

    […]please stop by the web pages we follow, like this one, because it represents our picks from the web[…]

  3. Title

    […]just beneath, are quite a few completely not related internet sites to ours, even so, they are certainly really worth going over[…]

  4. Title

    […]please take a look at the sites we adhere to, such as this 1, because it represents our picks in the web[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ