《みんなの家庭の医学》福井県民が食道がんの死亡率が低い秘密(理由)はケチだから!飲酒率・喫煙率の低い嗜好品不要の県民性!

※たけしのみんなの家庭の医学 2013年8月27日放送分

47都道府県の中には病になり易い県と、
なりにくい県がある。

厚生労働省が将来の医療計画に役立てるべく、
都道府県別の患者数を各病気ごとに調査・発表している。

そこで今回、日本人に多い4つの病を、
都道府県別にランキングし、
病が最も少ない1位の県には、
どのような健康の秘密があるのか調査・公開する。

日本人の死因一位である癌の中でも、
特に恐ろしい「食道癌」。

食道がんの死亡率が日本一低いとされる、
福井県民の健康の秘密(理由)に迫る。
※都道府県別食道がんの死亡率が低いランキングは、
コチラの記事に記載。

食道がんの主な原因は飲酒と喫煙。

その点、
福井県は日本一喫煙率の低い都道府県である。

また、
福井県はマイカー普及率が全国1位であり、
通勤にマイカーを利用する割合も全国4位であり、
飲酒運転を避ける為、
仕事帰りに飲み屋によることが少なく、
飲酒率が低い都道府県ランキングで6位と上位に位置している。

そしてお酒もタバコも控える主な理由として、
福井県民はケチ(節約家)であることが明かされた。

事実、貯蓄保有率が高い都道府県ランキングでは2位、
持ち家率が高い都道府県ランキングでは3位である。

つまり、
福井県民は貯蓄や住宅にお金をかけ、
嗜好品にはお金を使わない為、
食道がんの死亡率が低いと説明された。

《もうちょっと調べてみた&所感》

ケチというとアレですが、
福井県民は、
ようはストイックかつ節約家・倹約家であるといえます。

福井県民は嗜好品で興を味わうよりは、
実用的な物に投資したいという堅実的な県民性をお持ちのようで、
それが結果的に食道がんの発症リスクを抑えているいえます。

いわずもがな、
飲酒、喫煙の身体に及ぼすマイナスの効果は高く、
意図的ではないにしろ、
大変健康的な県民性といえますね。

嗜好品というのは中毒性のあるもので、
なかなか止めろと言われて止められるものでもないですが、
止めたいと考えている方は、
健康の為に控えるというよりは、
その分を貯蓄しお金を有効活用すると、
福井県民マインドに発想を変えてみると、
意外と上手くいくかもしれませんよ。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

5 Responses to “《みんなの家庭の医学》福井県民が食道がんの死亡率が低い秘密(理由)はケチだから!飲酒率・喫煙率の低い嗜好品不要の県民性!”

  1. Title

    […]Wonderful story, reckoned we could combine a number of unrelated information, nonetheless actually worth taking a search, whoa did one master about Mid East has got a lot more problerms as well […]

  2. asdfsdfxcvxxasa より:

    Title

    […]here are some links to internet sites that we link to mainly because we assume they’re really worth visiting[…]

  3. Title

    […]The details mentioned within the article are a number of the most effective available […]

  4. Title

    […]one of our guests a short while ago recommended the following website[…]

  5. Title

    […]always a major fan of linking to bloggers that I love but do not get a great deal of link love from[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ