《みんなの家庭の医学》「食道がんの死亡率が低い都道府県ランキング」の発表!食道がんは自覚症状のない病気!食道がんの症状とは?

※たけしのみんなの家庭の医学 2013年8月27日放送分

47都道府県の中には病になり易い県と、
なりにくい県がある。

厚生労働省が将来の医療計画に役立てるべく、
都道府県別の患者数を各病気ごとに調査・発表している。

そこで今回、日本人に多い4つの病を、
都道府県別にランキングし、
病が最も少ない1位の県には、
どのような健康の秘密があるのか調査・公開する。

日本人の死因一位である癌の中でも、
特に恐ろしい「食道癌」。

食道がんとは食物を口から胃に送る、
約25cmの臓器である食道にできる癌である。

実はこの食道がん、
初期段階では自覚症状がほとんどない為、
気付いた時には身体中に転移し、
手遅れになる場合も多い病だという。

ここ20年近くで、
患者数は2万人を突破し、
余談を許さない病となっている。

その主な原因は飲酒や喫煙などによる、
刺激であるといわれている。

そんな、
食道がんの死亡率が低い都道府県別のランキング」を発表。

1位:福井県
2位:熊本県
3位:長野県
4位:大分県
5位:沖縄県
6位:三重県
7位:滋賀県
8位:栃木県
9位:香川県
10位:岐阜県

《もうちょっと調べてみた&所感》

自覚症状のない恐ろしい病というのは、
いくつか存在しますが、
食道がんもその一つに該当します。

そんな中でも初期段階の自覚症状として表れるのが、
食道や喉が沁みる感じです。

食道がんは粘膜の荒れに伴う、
感覚異常から起きると言われていて、
熱いものや刺激物を食べた時に、
食道にツーンとした感覚が残る人は要注意です。

更に進行すると、
食道の腫瘍が大きくなってくるので、
食べ物が飲み込みにくくなり詰まった感じがしてきます。

しかし大抵の方は、
ここまで症状が進んでも痛みが伴わないので、
食道がんとは気づきにくいそうです。

つまり食道で異常を感じたら、
すぐに検査を受けることが、
早期発見早期治療に繋がると言えるでしょう。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

7 Responses to “《みんなの家庭の医学》「食道がんの死亡率が低い都道府県ランキング」の発表!食道がんは自覚症状のない病気!食道がんの症状とは?”

  1. Title

    […]very handful of web-sites that come about to be detailed beneath, from our point of view are undoubtedly properly worth checking out[…]

  2. Title

    […]very handful of sites that take place to become in depth beneath, from our point of view are undoubtedly very well worth checking out[…]

  3. Title

    […]the time to read or stop by the content or sites we have linked to below the[…]

  4. Title

    […]Here is a superb Weblog You may Come across Exciting that we Encourage You[…]

  5. Title

    […]below you will obtain the link to some web pages that we believe you’ll want to visit[…]

  6. Title

    […]Here are a few of the web-sites we recommend for our visitors[…]

  7. Title

    […]check below, are some totally unrelated web sites to ours, even so, they may be most trustworthy sources that we use[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ