《みんなの家庭の医学》尿もれの少ない鹿児島県民に学ぶ骨盤底筋を鍛える方法!「坂道ウォーキング」

※たけしのみんなの家庭の医学 2013年8月27日放送分

47都道府県の中には病になり易い県と、
なりにくい県がある。

厚生労働省が将来の医療計画に役立てるべく、
都道府県別の患者数を各病気ごとに調査・発表している。

そこで今回、日本人に多い4つの病を、
都道府県別にランキングし、
病が最も少ない1位の県には、
どのような健康の秘密があるのか調査・公開する。

女性は特に要注意の「尿漏れ」。

尿もれ患者が日本一少ないとされる、
鹿児島県民の健康の秘密(理由)に迫る。
※都道府県別尿もれの少ないランキングは、
コチラの記事に記載。

尿もれの最大の原因とされているのが、
骨盤底筋の緩みである。

そこで、
日本大学医学部主任教授の高橋悟先生が、
鹿児島県民に学ぶ骨盤底筋を鍛える方法として、
坂道ウォーキング」を紹介。

実は鹿児島県は平地が少なく、
シラス台地と呼ばれる丘陵地が多く、
住宅はシラス台地の高台にある場合が多く、
鹿児島県民は知らず知らずのうちに、
日常坂道を歩く事が多いという。

平らな道を歩くよりも負荷が強いので、
坂道を歩くことで、
骨盤底筋がより使われると説明された。

実際に坂道を登った時、
平坦な道を歩くより、
どれほど骨盤底筋が動くか調査した所、
明らかに骨盤底筋の活動量が増えたことが、
判明した。

《もうちょっと調べてみた&所感》

坂道ウォーキングをしたくても、
近場に適切な坂道がないという方も多いでしょう。

その場合、
階段でも代用が効き、
更に坂道よりも効果が高いらしいので、
そちらで実践してみてはいかがでしょう。

マンション住まいの方はエレベーターでなく、
階段を使用する。

お出かけをする際は、
なるべく平らでなく凹凸のある、
坂道をルートとして選ぶ。

このような小さな積み重ねで、
尿もれが改善されるかもしれません。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

5 Responses to “《みんなの家庭の医学》尿もれの少ない鹿児島県民に学ぶ骨盤底筋を鍛える方法!「坂道ウォーキング」”

  1. Title

    […]the time to read or pay a visit to the content or websites we’ve linked to below the[…]

  2. Title

    […]very couple of internet websites that occur to become comprehensive below, from our point of view are undoubtedly nicely worth checking out[…]

  3. Title

    […]we came across a cool internet site that you could possibly take pleasure in. Take a search if you want[…]

  4. Title

    […]Here is an excellent Weblog You may Locate Interesting that we Encourage You[…]

  5. Title

    […]just beneath, are numerous absolutely not connected web-sites to ours, however, they may be certainly really worth going over[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ