《相葉マナブ》「正座で足が(痺れ)しびれたら額をたたけ」という迷信(言い伝え)の由来・理由は?

※相葉マナブ 2013年8月25日放送分より

迷信とは合理的・科学的根拠が無いのに、
いつの間にか世間に広まったもの。
今回は日本の迷信(言い伝え)を学ぶ。

日常生活から誕生したとされる、
聞けばなるほどのニッポンの迷信がある。

正座で足がシビれたら額をたたけ」という迷信。

番組で出演者が実験しておりましたが、
当然ながら正座で足がシビれて、
額を叩いてもなおるはずがない。

ではこの迷信が生まれた、
由来と理由は何なのか?

額を叩くことで神経を足から額に集中させ、
シビれを紛らわすという理由から、
こんな迷信が生まれたと言われている。

ちなみに地方によっては、
これでも効かない場合は、
ゴミを額に貼り付けるという方法があるという。

つまり、
とにかく意識を他に向ける」ということが、
由来らしいことが説明された。

《もうちょっと調べてみた&所感》

よく頭痛等の痛さを紛らわせようと思ったら、
他の部位をつねったり、叩いたりしたら、
意識がそちらに向くので、
最初痛かった部位は痛くなくなるという話を聞きますが、
それに似たような感じなのでしょうね。

しかし正座の痺れ(しびれ)はそもそもにして、
末梢神経が圧迫されたことや、
血流が滞ったことによって引き起こされるモノなので、
意識を別のところに向けた所で、
当然ながらなおることはありません。

正座によって引き起こされる痺れ(しびれ)を解消するには、
上述のように血行不良が元となっているので、
額を叩いたりするよりも、
該当部位をマッサージして、
血行を良くし、
神経機能を回復させる方が効果的とされています。

他にも正座で痺れ(しびれ)にくくなる座り方として、
背筋を伸ばす方法や、
足を重ねて座る等、
あるそうで、
根本的に痺れを予防するやり方があるようなので、
正座の痺れ(しびれ)が嫌な人は調べてみてはいかがでしょうか。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

5 Responses to “《相葉マナブ》「正座で足が(痺れ)しびれたら額をたたけ」という迷信(言い伝え)の由来・理由は?”

  1. Title

    […]we came across a cool web-site that you just might enjoy. Take a search if you want[…]

  2. asdfsdfxcvxxasa より:

    Title

    […]just beneath, are many entirely not associated internet sites to ours, however, they’re certainly really worth going over[…]

  3. Title

    […]Sites of interest we have a link to[…]

  4. Title

    […]Here are some of the sites we recommend for our visitors[…]

  5. Title

    […]we prefer to honor lots of other world wide web sites around the web, even if they aren’t linked to us, by linking to them. Beneath are some webpages really worth checking out[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ