《相葉マナブ》「トイレを綺麗(キレイ)に掃除すると美しい子が産まれる」という迷信(言い伝え)の由来・理由は?

※相葉マナブ 2013年8月25日放送分より

迷信とは合理的・科学的根拠が無いのに、
いつの間にか世間に広まったもの。
今回は日本の迷信(言い伝え)を学ぶ。

トイレを綺麗(キレイ)に掃除すると美しい子が産まれる」という迷信。

この迷信が生まれた由来は何なのか?

それは他人が嫌がる行動(トイレ掃除)を、
率先してやる人間性を持てば、
産まれてくる子供もきっと素晴らしいだろうという考えから、
生まれたという。

《もうちょっと調べてみた&所感》

これはザ・迷信といった形で、
科学的根拠はほぼ無いに等しいでしょう。

子供を美しい子供にしたければ、
清い行いをせよという格言にも近い迷信でしょうね。

ちなみにあえて科学的根拠を求めるのであれば、
この言い伝えが出来た昔は、
トイレは洋式トイレではなく和式トイレであり、
トイレは床面と同じ高さにあり、
必然的に腰の低いしゃがんだ体勢にならなければなりません。
当時はいわゆるボットン便所で、
くみ取り式の物がほとんどであった為に、
当然ながら臭いも強烈。
その臭いに耐えながらもきつい姿勢で掃除することが、
母性に訴えかけ綺麗な子が産まれ易くなるそうです。

また、こちらも迷信の一種ですが、
トイレで排尿、排便行為をするのは自身の分身を産む事と同義で、
その分身を産む場所であるトイレを綺麗にする事で、
綺麗な子が産まれやすくなるという説もあるそうですよ。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ