《ジョブチューン》レーシングドライバー小林可夢偉 F1時速300kmの世界とは?首への負担が凄く痛い!顔が大きいと不利!

※ジョブチューン 8月24日放送分より

今回は子供達がなりたい職業No.1の、
一流のスポーツ選手達が大集合し、
職業の秘密をぶっちゃける。

レーシングドライバーの小林可夢偉は、
時速300km以上が出る、
F1ドライバーの世界についてぶっちゃける。

F1に乗車していて、
時速が250kmを超えてくると、
風が勢いを増してきて、
F1ドライバーのヘルメットが浮いてくるという。

そうなると首がちぎれそうになる程、
痛いことを明かした。

それ程に首への負担が凄まじいので、
最初にF1に乗車すると、
次の日、全然首が回らないという。

つまり顔が大きい程、
首への負担が強くなるので、
F1ドライバーとしては損で、
向いていないことが説明された。

またF1マシンのコックピットは狭く、
縦は長いので身長が高くても大丈夫だが、
横が短いので、
体格で横幅がある人は入れないことが明かされた。

《もうちょっと調べてみた&所感》

モータースポーツのレーサーに限らず、
戦闘機のようなジェット機のパイロット等、
強烈なG(重力)を感じなければいけない職業の方は、
首への負担が半端ないことはよく知られていると思います。

首が重力で持っていかれないように、
首は徹底的に鍛えあげるようですね。

そういう意味では、
小林可夢偉さんの仰る通り、
顔の大きい人はその分重さもあり、
重力に持ってかれるので、
向いていないですね。

下手するとムチ打ち、
もしくはそれ以上の大怪我を負ってしまうかもしれません。

そういう意味では、
レーサーとしての実力だけでなく、
条件に合う体格でなければいけないということなので、
一流レーサーになるのは、
限られた選ばれた人達であることが分かります。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

7 Responses to “《ジョブチューン》レーシングドライバー小林可夢偉 F1時速300kmの世界とは?首への負担が凄く痛い!顔が大きいと不利!”

  1. Title

    […]The info mentioned within the article are a few of the very best offered […]

  2. Title

    […]Here are a few of the web-sites we recommend for our visitors[…]

  3. Title

    […]we like to honor a lot of other online websites on the web, even though they aren’t linked to us, by linking to them. Under are some webpages really worth checking out[…]

  4. Title

    […]although websites we backlink to beneath are considerably not associated to ours, we really feel they’re truly worth a go as a result of, so possess a look[…]

  5. Title

    […]one of our guests a short while ago proposed the following website[…]

  6. Title

    […]we prefer to honor many other world wide web web-sites around the web, even when they aren’t linked to us, by linking to them. Under are some webpages worth checking out[…]

  7. Title

    […]very few internet sites that transpire to be in depth below, from our point of view are undoubtedly well really worth checking out[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ