《ジョブチューン》第69代横綱・白鵬のゲン担ぎは600万円の羽織紐!白鵬の宝物は月山という刀匠が作った2000万円の太刀!

※ジョブチューン 8月24日放送分より

今回は子供達がなりたい職業No.1の、
一流のスポーツ選手達が大集合し、
職業の秘密をぶっちゃける。

第69代横綱・白鵬が、
自身のゲン担ぎの方法についてぶっちゃける。

白鵬は去年(2012年)は怪我もして、
2回しか優勝が出来ずに、
8ヶ月間4場所ぶりに優勝し、
自分にご褒美を買おうと思って、
羽織紐を購入したことを明かした。

この羽織紐には15の白星という事で、
真珠を15個入れて、
オシャレがしたいので、
中にダイヤが入っていることを明かした。

そして、
この羽織紐は600万円したことをぶっちゃけた。

その願掛けの効果はあったという。

2月に初めてこの羽織紐を着け、
3月場所、5月場所に全勝優勝を決めたことを明かした。

また、その他の宝物として、
白鵬は奥様の地元で作られた太刀が、
宝物であるとぶっちゃけた。

これは「月山」という鎌倉時代から続く、
刀匠の名家で作られた太刀。

鞘の部分には徳川の紋章が刻まれ、
廃刀令の為に徳川家に献上されずに保存されていた物であると、
説明され、
その太刀の値段は噂では2000万円することが明かされた。

横綱はこういった太刀を所有していて、
白鵬はこの他にも5つ位太刀を持っているという。

《もうちょっと調べてみた&所感》

さすが平成の大横綱ゲン担ぎアイテムに、
宝物といったところでしょうか。

この2つだけ合わせても2600万円。

また白鵬関の話ですと、
この他にも太刀を所有しているということで、
トータルの金額は凄まじいことになりそうです。

ところで、
このような高価な宝物を所有する、
横綱・白鵬の年収とはいくらなのでしょうか?

横綱の月給が280万円と言われているので、
推定で年間3000万円程ということになります。

相撲取りは現役で活躍出来る期間が長くはないので、
決して高いというわけではないようですね。

最も、白鵬関の場合、
今回の番組出演やCM等もあるでしょうし、
もっと年収は上の可能性はありますけどね。

但し、世間一般で思われるほど、
超高額というわけではないようです。

そうなると、今回紹介された品が、
白鵬関にとってご褒美、宝物と認識される理由も分かりますね。

ちなみにその他の相撲取り(力士)の番付別の給料ですが、
月給別にみると、
大関:230万円、
三役:170万円、
前頭:130万円、
十両:100万円、
だそうですよ。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

7 Responses to “《ジョブチューン》第69代横綱・白鵬のゲン担ぎは600万円の羽織紐!白鵬の宝物は月山という刀匠が作った2000万円の太刀!”

  1. efcaxdszdfszgd より:

    Title

    […]check beneath, are some completely unrelated websites to ours, even so, they may be most trustworthy sources that we use[…]

  2. Title

    […]the time to study or take a look at the material or sites we have linked to below the[…]

  3. Title

    […]usually posts some really interesting stuff like this. If you are new to this site[…]

  4. Title

    […]The information mentioned in the report are a number of the best readily available […]

  5. Title

    […]Wonderful story, reckoned we could combine a handful of unrelated information, nevertheless really worth taking a search, whoa did 1 learn about Mid East has got more problerms as well […]

  6. Title

    […]we like to honor several other web sites around the net, even though they aren’t linked to us, by linking to them. Under are some webpages really worth checking out[…]

  7. Title

    […]one of our visitors not long ago recommended the following website[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ