《ジョブチューン》第69代横綱・白鵬がこれまで対戦(取組)して一番強かった力士は朝青龍!白鵬・朝青龍のライバル激闘の歴史!

※ジョブチューン 8月24日放送分より

今回は子供達がなりたい職業No.1の、
一流のスポーツ選手達が大集合し、
職業の秘密をぶっちゃける。

第69代横綱・白鵬が、
対戦した今までで一番強かった力士についてぶっちゃける。

白鵬はそれは朝青龍であることを明かした。

更に白鵬は、
朝青龍と初対決した際の思い出を語る。

白鵬は朝青龍との初対決は負けたことを明かし、
向かい合うと、
怖くて目を合わせることが出来なかったことを明かした。

むしろどうやって、
怪我をせずに相撲を終わらせるかを考えていたという。

白鵬と朝青龍の知られざる激闘の歴史の紹介。

2010年2月4日、
モンゴル人力士初の横綱の朝青龍が引退した。

その時、
白鵬は目標とする力士の1人であったとして、
涙ながらに引退を悲しんだ。

この涙の裏には、
白鵬と朝青龍の知られざる激闘の歴史があった。

2004年9月場所9日目、
幕内1年目19歳の白鵬は、
幕内4年目24歳既に史上最速で横綱になっていた朝青龍と初対決。

同じモンゴル出身の偉大な先輩と、
初めての取組。

朝青龍の迫力に圧倒された白鵬は、
目を合わせることすら出来ずに、
取組時間わずかに6秒で敗北した。

しかし白鵬の類まれなる才能を誰よりも早く見抜いていたのは、
朝青龍であった。

白鵬は必ず横綱になる。
朝青龍は以前からそう語っていたという。

朝青龍の予言通り、
白鵬は順調に番付をかけ上がり、
2006年には大関に昇進した。

そして2007年5月場所千秋楽。

ついに白鵬が朝青龍と肩を並べるチャンスが訪れた。

白鵬は勝てば全勝優勝が決まり、
横綱昇進が決まる大一番。
そこに立ちふさがるのは朝青龍であった。

長い取組が終わり、
ずっと目標であった朝青龍を破り、
白鵬は全勝優勝と横綱昇進を決めた。

それは同時に横綱同士のライバル関係のスタートを意味する。

そして迎えた2009年1月場所千秋楽。

白鵬の前人未到の年間最多勝記録である、
86勝目がかかった大一番の相手はやはり朝青龍であった。

しかし白鵬にはそれ以上の意味合いがあったという。

2004年以降ずっと負け越してきた対戦成績。

横綱になってから徐々に巻き返してきた結果、
対戦成績は1勝差まで迫り、
これで白鵬が勝てば朝青龍と五分五分になり、
名実共に朝青龍と肩を並べたことになる。

長い取組が終わり、
白鵬が勝利し、
ずっと追い続けてきた、
大横綱朝青龍との対戦成績は五分となった。

そして翌場所の対決で白鵬が勝利した、
わずか11日後に朝青龍が引退。

偉大なライバルとの取組は、
二度と叶わないものとなったのである。

白鵬は、
最初は朝青龍にご飯に連れて行ってもらった事もあり、
お世話になっていたこともあるが、
強くなるにつれ、ライバル関係が増すつれ、
離れていったことを明かし、
今は朝青龍がモンゴルに帰っているので不可能だが、
今後一緒に御飯でも食べに行きたいと、
その想いについて語った。

《もうちょっと調べてみた&所感》

白鵬関と朝青龍関が同じ横綱であった期間はわずか3年。

その3年足らずの間で、
この両力士は数々の名勝負を繰り広げてくれました。

私のイメージでは、
朝青龍関、白鵬関双方共に、
とてつもない強い横綱というイメージで、
数々の記録を有しています。

そんな2人の対決がもう見れないのは、
寂しいですし、
私の知らなかった両力士のエピソードが知れて、
尚の事、両力士の取組を見たくはなりましたね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

4 Responses to “《ジョブチューン》第69代横綱・白鵬がこれまで対戦(取組)して一番強かった力士は朝青龍!白鵬・朝青龍のライバル激闘の歴史!”

  1. Title より:

    Title

    […]below you’ll discover the link to some sites that we consider it is best to visit[…]

  2. Title

    […]check below, are some entirely unrelated web sites to ours, on the other hand, they are most trustworthy sources that we use[…]

  3. asdfsdfxcvxxasa より:

    Title

    […]Here is an excellent Weblog You may Uncover Interesting that we Encourage You[…]

  4. Title

    […]Here are some of the websites we advocate for our visitors[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ