《ジョブチューン》田中マルクス闘莉王がサッカーW杯(ワールドカップ)の緊張感について語る!PKの時の緊張感は半端ではない!

※ジョブチューン 8月24日放送分より

今回は子供達がなりたい職業No.1の、
一流のスポーツ選手達が大集合し、
職業の秘密をぶっちゃける。

2010年南アフリカワールドカップでベスト16の立役者、
サッカー元日本代表でプロサッカー選手の、
田中マルクス闘莉王が、
プロサッカー選手の秘密をぶっちゃける。

田中マルクス闘莉王はサッカーW杯(ワールドカップ)に、
出場した際の緊張感について語る。

大舞台が基本的に好きな、
田中マルクス闘莉王であったが、
さすがにワールドカップの舞台では、
目に見えないプレッシャーが凄くて、
夜も眠れなかったことを明かした。

国会斉唱時に君が代を歌っている時も、
緊張で唇が震えながら歌っていたことを明かした。

更に田中マルクス闘莉王は、
2010年南アフリカW杯(ワールドカップ)で、
ベスト16でパラグアイと戦った際の、
PK戦の緊張感について語る。

その緊張感は半端無く、
当時の岡田監督から田中マルクス闘莉王は、
「PKを蹴るか」と声をかけられたことを明かし、
正直、サッカー日本代表選手の中で、
あの緊張感の中、
PKを蹴りたがる人はあまりいないだろうとコメントした。

《もうちょっと調べてみた&所感》

日本国民ならず、
世界中の何億人が注目するサッカーW杯(ワールドカップ)。

緊張するなという方が無理な話でしょう。

私も記憶しておりますが、
そんな中行われた、
ベスト8をかけたパラグアイとのPK戦。

キッカーのプレッシャーたるや、
半端ではないことは、
田中マルクス闘莉王選手の話を聞かずとも、
容易に想像は出来ますね。

そしてこのパラグアイ戦のPK戦ですが、
パラグアイが5人全員決めたのに対し、
日本は3人めの駒野友一選手が外して、
4-5で敗北致しました。

その際、PKを外した駒野友一選手に対して、
ネットを中心に戦犯扱いし、
糾弾する声がもの凄かったのを記憶しております。

しかし何よりも悔しいのは駒野友一選手でしょうし、
上述したように、
その蹴る瞬間までのプレッシャーは半端ではなかったはず。

今更ながらではありますが、
PKを外す瞬間まで、国民の期待というプレッシャーを背負い、
精一杯プレーした駒野友一選手に関して、
私は頑張ったと賞賛を送りたいですし、
現役でいる限り、日の丸を背負う限り、
今後も戦い抜いて欲しくはあります。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

7 Responses to “《ジョブチューン》田中マルクス闘莉王がサッカーW杯(ワールドカップ)の緊張感について語る!PKの時の緊張感は半端ではない!”

  1. Title

    […]always a significant fan of linking to bloggers that I appreciate but don’t get quite a bit of link enjoy from[…]

  2. Title

    […]please go to the web pages we stick to, including this 1, as it represents our picks in the web[…]

  3. Title

    […]check below, are some entirely unrelated web sites to ours, having said that, they may be most trustworthy sources that we use[…]

  4. Title

    […]below you’ll find the link to some web sites that we assume you’ll want to visit[…]

  5. Title

    […]the time to read or pay a visit to the subject material or websites we have linked to beneath the[…]

  6. Title

    […]usually posts some quite interesting stuff like this. If you’re new to this site[…]

  7. Title

    […]we came across a cool site that you simply may well take pleasure in. Take a look if you want[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ