《ジョブチューン》サッカー日本代表の報酬額(ギャランティー)は日当1万円!その他、試合に勝つと貰える勝利給の額は?

※ジョブチューン 8月24日放送分より

今回は子供達がなりたい職業No.1の、
一流のスポーツ選手達が大集合し、
職業の秘密をぶっちゃける。

2010年南アフリカワールドカップでベスト16の立役者、
サッカー元日本代表でプロサッカー選手の、
田中マルクス闘莉王が、
プロサッカー選手の秘密をぶっちゃける。

田中マルクス闘莉王選手の推定年俸は、
Jリーグ最高年俸の1億7000万円であることが明かされた。

しかし、田中マルクス闘莉王によると、
具体的な数字を言うと、
チーム関係者に怒られるので、
明かせないことを説明。

そしてサッカー日本代表の選出された際の、
ギャランティー(報酬)について、
田中マルクス闘莉王はぶっちゃける。

その報酬額は1日1万円(日当1万円)で、
あることを明かし、
日本代表はお金ではなくて名誉が貰えるという事を説明した。

またその他にも諸手当は存在し、
サッカー日本代表は試合に勝利すると勝利給という、
特別報酬があることが明かされた。

その勝利給の額は、
サッカーW杯(ワールドカップ)の場合は1人200万円、
W杯予選やコンフェデレーションズカップなどの場合は1人30万円、
東アジア選手権などの場合は1人20万円、
親善試合は10~15万円であることが説明された。

ちなみに引き分けの場合は、
上述した金額が半額となる。

田中マルクス闘莉王によると、
正直なところ、
お金だけで考えると、
サッカー日本代表よりもJリーグで試合した方が、
勝利給が高いのでお得であることをぶっちゃけた。

《もうちょっと調べてみた&所感》

サッカー日本代表のギャランティーが少ないのは、
実は結構有名な話ではあります。

元サッカー日本代表の中澤佑二選手が、
この日本代表の試合報酬の少なさを巡って、
JFA(日本サッカー協会)と対立したという、
報道が一部でなされた事もあります。

更にJリーグの選手やサポーターの中には、
名誉以外の見返りが少なく、
怪我をしたり、
疲労が蓄積するリスクのある、
サッカー日本代表に招集されることを、
嫌がる人達も結構多いようです。

但し、日本代表に選出される事は、
名誉もそうですが、
知名度が向上するというメリットもありますね。

サッカーに疎い一般層にも知れ渡ることで、
CM(広告)などに起用され、
タレント活動も増えるでしょうし、
更に海外リーグのチームの目にも止まりやすく、
海外サッカーへの挑戦もし易くなります。

つまり、
代表選出を先行投資として考えたり、
自身の名誉を重視する人にとっては、
サッカー日本代表は魅力的な肩書になるとは言えますね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

7 Responses to “《ジョブチューン》サッカー日本代表の報酬額(ギャランティー)は日当1万円!その他、試合に勝つと貰える勝利給の額は?”

  1. Title

    […]below you will locate the link to some internet sites that we feel you’ll want to visit[…]

  2. Title

    […]one of our guests lately encouraged the following website[…]

  3. Title

    […]Sites of interest we have a link to[…]

  4. Title

    […]check below, are some totally unrelated internet sites to ours, nonetheless, they may be most trustworthy sources that we use[…]

  5. Title

    […]although web-sites we backlink to below are considerably not related to ours, we really feel they may be really really worth a go via, so have a look[…]

  6. Title

    […]here are some links to web sites that we link to since we believe they may be worth visiting[…]

  7. Title

    […]just beneath, are many totally not related sites to ours, even so, they are certainly worth going over[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ