《ジョブチューン》サッカー選手は遅刻すると罰金!田中マルクス闘莉王はチームの練習に遅刻して罰金で100万円以上支払った!

※ジョブチューン 8月24日放送分より

今回は子供達がなりたい職業No.1の、
一流のスポーツ選手達が大集合し、
職業の秘密をぶっちゃける。

2010年南アフリカワールドカップでベスト16の立役者、
サッカー元日本代表でプロサッカー選手の、
田中マルクス闘莉王が、
プロサッカー選手の秘密をぶっちゃける。

田中マルクス闘莉王は、
所属チーム名古屋グランパスの練習に遅刻して、
罰金で100万円以上支払ったことをぶっちゃけた。

大体1回の遅刻毎に数万円の罰金であるというが、
田中マルクス闘莉王の場合、
実家であるブラジルに帰っていて、
パスポートが切れていた事に気づかず、
合宿地のタイに10日間遅刻してしまい、
この遅刻は1回であるにも関わらず、
罰金額は100万円以上になってしまった事を明かした。

ちなみに寝坊等で少々遅刻した場合でも、
罰金は支払わなければならず、
遅刻した場合はまずクラブチームに数万円支払うというのと、
皆が集まって食事会をする時に、
その遅刻した人が払うことが明かされた。

その食事会も大人数なので、
1回で20何万円が飛んで行くという。

《もうちょっと調べてみた&所感》

もしかするとクラブチームによって、
違いはあるのかもしれませんが、
サッカー選手ってちょっと遅れただけでも、
このような罰金制度が存在したのですね。

まぁサッカー選手の場合、
会社員と違い、
サッカーをする事のプロフェッショナルで、
クラブチームと個人の契約の為、
こういった部分は非常に厳しいのかもしれません。

ちなみに100万円以上とぶっちゃけた今回の金額ですが、
報道によるとその具体的な額は140万円だそうです。

一般人の感覚で考えると発狂しそうな額ですね。

その他、
あくまでも名古屋グランパスの場合ですが、
服装違反やスポンサー軽視、
監督命令違反などを行うと罰金が課せられるようです。

自己管理能力が一般人以上に求められる、
サッカー選手の生活は実際かなりシビアそうですね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ