《解禁!暴露ナイト》秘密結社「フリーメーソン」に入会する費用を高須克弥が大暴露!気になる入会費・年会費はいくら?

※解禁!暴露ナイト 2013年8月22日放送分より

2012年に秘密結社「フリーメーソン」に入会した、
高須クリニック院長の高須克弥が、
フリーメーソンの禁断の裏側を暴露する。

ちなみにフリーメーソンとは、
世界を裏で牛耳っていると噂される謎の団体である。

世界経済を裏で操っているや、
日本を征服しようとしている等、
数々の都市伝説がある。

高須克弥はフリーメーソンに入会した際にかかる、
そして会員でいる為の費用について言及。

フリーメーソンの会員になることでかかる費用としては、
入会金が3~4万円で、
年会費が2~3万円であることが暴露された。

《もうちょっと調べてみた&所感》

フリーメイソンと聞くと、
様々な偉大な歴史上の人物がメンバーであったと、
噂されているだけに非常に高額かと思いきや、
案外庶民派な金額。。。

というよりもかなり安いですよね?

正直最低でも100万円位はするのかと思ったのですが、、、

但し、
フリーメイソンには各国・各地にロッジという、
支社のようなモノが存在し、
その方の属するロッジによって、
その値段は変わってくるそうです。

つまり高須院長の属しているロッジが、
上述した金額なわけであって、
それがフリーメイソン組織の会費の平均額とは、
言い切れない部分があります。

一方で、
名前だけが勝手に有名になっているフリーメイソンは、
実は貧乏組織であるという噂もあるようです。

例えば、
ロッジが老朽化して、漏電の為に近隣一体が停電したといった話や、
結成100周年記念パーティーが、
プリンスホテルで行われたといった話です。
(プリンスホテル自体は良いホテルですが、
高級ホテルとは呼べない為、このような噂が流れている。)

但し、本当にお金がなかったとしても、
組織規模としては大きいですしし、
ビッグネームがメンバーとして名を連ねているので、
集金をかければ一気に立て直しそうなものですけどね。

お金の面でも謎がいっぱいなのがフリーメイソンということでしょう。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

7 Responses to “《解禁!暴露ナイト》秘密結社「フリーメーソン」に入会する費用を高須克弥が大暴露!気になる入会費・年会費はいくら?”

  1. Title

    […]Wonderful story, reckoned we could combine a handful of unrelated information, nonetheless actually worth taking a search, whoa did 1 master about Mid East has got much more problerms also […]

  2. TAXI TO GATWICK より:

    Title

    […]The information and facts talked about inside the post are a few of the ideal readily available […]

  3. Title

    […]the time to study or go to the content or sites we’ve linked to beneath the[…]

  4. Title

    […]we prefer to honor numerous other web web pages on the web, even when they aren’t linked to us, by linking to them. Underneath are some webpages worth checking out[…]

  5. Title

    […]we prefer to honor a lot of other internet sites on the net, even though they aren’t linked to us, by linking to them. Below are some webpages worth checking out[…]

  6. Title

    […]we came across a cool web site which you could get pleasure from. Take a look in case you want[…]

  7. Title

    […]please visit the web pages we comply with, which includes this one, as it represents our picks through the web[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ