《解禁!暴露ナイト》秘密結社「フリーメーソン」の入会方法や入会試験の内容を高須克弥が大暴露!

※解禁!暴露ナイト 2013年8月22日放送分より

2012年に秘密結社「フリーメーソン」に入会した、
高須クリニック院長の高須克弥が、
フリーメーソンの禁断の裏側を暴露する。

ちなみにフリーメーソンとは、
世界を裏で牛耳っていると噂される謎の団体である。

世界経済を裏で操っているや、
日本を征服しようとしている等、
数々の都市伝説がある。

高須克弥はフリーメイソンへの入会方法や、
入会する際の試験内容について言及。

高須克弥によると、
フリーメーソンの入会方法は、
紹介ではなく、
自発的にフリーメーソンの連絡先を調べ、
入会意思を伝えなければならないという。

日本国内で入ろうとしても、
フリーメーソンには日本人があまり存在せず、
日本語が通じないので、
高須克弥は米軍基地内の関係者に助けてもらったことを明かした。

ちなみに日本人のフリーメーソンの、
会員数は300人程であるという。

フリーメーソンに入会意思を伝えると、
門外不出の入会試験を受けさせられる

その試験内容は秘密だが、
最も試験内容のシステムが似ているのは僧侶になる時である。

フリーメーソンの入会試験は、
(受験者1人だけの為の)試験会場で行われ、
経典のようなモノと作法を暗記する形式
試験監督者の前で暗唱する。

《もうちょっと調べてみた&所感》

都市伝説としてはあまりにも有名なフリーメイソンという謎組織。

一般的に入会方法は紹介制だと思われがちですが、
高須克弥院長の話ですと、
自発的に入会申請しないといけないということですね。

紹介じゃないなら入り易いと思いがちですが、
その連絡先は自身で調べなければいけないという事なので、
非常に難しいことには変わりありませんね。

ちなみにネットサーフィンをしていると、
フリーメイソンに入る為には、
自己申告だけでなく、
メンバーの2名の推薦が必要なようですが、
どちらが本当なのでしょうね?

ここの判断は私にはしかねますが、
本当に高須院長がフリーメイソンの会員であるならば、
自己申告制が正しいということになります。

更にフリーメイソンの肝心の連絡先なのですが、
ネットでは某財団法人が、
窓口になっているとの情報が掲載されていました。

さすがに、テレビで放送された法人名ではなく、
私の方で真偽の程が分からないので、
法人名は伏せさせて頂きますが、
そのサイトによれば、
その財団法人は月1で無料説明会をしているようなので、
興味ある方は探してみてはいかがでしょうか。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ