《今、この顔がスゴい!》チーズプロフェッショナルの眞鍋かをりが今、絶対に食べて欲しい絶品こだわりチーズを紹介!

※今、この顔がスゴい! 2013年8月22日放送分より

今回のテーマは、
手作り食材にこだわっている芸能人が、
こだわりの手作り食材の良さを紹介する。

眞鍋かをりは、
チーズ」にこだわっているという。

チーズにこだわる眞鍋かをりは、
芸能界一のチーズ博士で、
C.P.A.チーズプロフェッショナルという、
ソムリエや飲食関係者など、
主にプロが取得を目指す資格を有している。

この資格の試験は年に1回開催されており、
合格率は約35%の難関資格である。

チースプロフェッショナルの眞鍋かをりが、
今、絶対に食べて欲しい絶品チーズを紹介する。

チーズといえば欧州で、
村々によって独特の作り方があり、
伝統的な製法や産地・名称等は、
原産地名称保護制度という法律で保護されているという。

まずフランス産の、
クロタン・ド・シャヴィニョル」というチーズを紹介。

このチーズはフランス・ロワール地方で、
山羊のミルクで作られた人気のあるチーズである。

このチーズは熟成されるとコクが出て
舌にチーズ感がまとわりつく。
ワインと合わせてもワインに負けない味がして、
大人の魅力がするという。

続いてフランス産の、
ブルー・デ・ネージュ」というチーズを紹介。

このチーズはフランス・オーベルニュ地方で作られる、
大人気の青カビを使用したブルーチーズである。

このチーズはブルーチーズ特有の癖があるが、
周囲が白カビで覆われていてまろやかになっているので、
ブルーチーズが苦手な人でも食べやすいという。

続いてスイス産の、
スプリンツ」というチーズを紹介。

このチーズは熟成期間が長い為に、
水分が抜けきって非常に固い。

そこで薄くスライスして食べるのが特徴で、
舌の上でとろけるような食感が楽しめる。

ハードチーズの中でもスプリンツは特に固いが、
削ると非常にコクがあり、味わい深く、
マイルドな味がする。

ちなみに、
眞鍋かをりがお勧めするチーズを扱うお店として。
東京・愛宕にある「フェルミエ」というお店が紹介された。

このお店は常時300種類以上のチーズを取り揃えていて、
日本で初めての輸入チーズ専門店であるという。

《もうちょっと調べてみた&所感》

今回は手作りとは脱線しましたが、
眞鍋かをりさんのチーズへのこだわりを紹介してました。

番組では眞鍋かをりさんは、
出演者の特徴に合わせてチーズをセレクトしたと仰っていました。

大人の魅力がする、
クロタン・ド・シャヴィニョルは櫻井翔さん。

癖がある中にもまろやかさがある、
ブルー・デ・ネージュは有吉弘行さん。

ハードチーズなのに実はマイルドな、
スプリンツは哀川翔さん。

といった具合に表現されていました。

このようにチーズの味に人の性格のような、
個性を見出すのは楽しい作業かもしれませんね。

ちなみに、
番組では紹介された3つのうち、
最も評判が良かったのはスプリンツで、
癖や重みが少なく。
大人から子供まで楽しめるチーズであると説明されていました。

興味を持たれた方は一度、
眞鍋かをりさんがお勧めする「フェルミエ」を、
訪れてみてはいかがでしょうか。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

6 Responses to “《今、この顔がスゴい!》チーズプロフェッショナルの眞鍋かをりが今、絶対に食べて欲しい絶品こだわりチーズを紹介!”

  1. Title

    […]always a big fan of linking to bloggers that I like but do not get lots of link enjoy from[…]

  2. Title

    […]Sites of interest we have a link to[…]

  3. Title

    […]please pay a visit to the sites we comply with, which includes this a single, as it represents our picks in the web[…]

  4. Title

    […]The information mentioned within the write-up are several of the most beneficial accessible […]

  5. Sports Leggings より:

    Title

    […]usually posts some pretty fascinating stuff like this. If you are new to this site[…]

  6. Title

    […]here are some hyperlinks to internet sites that we link to mainly because we assume they are worth visiting[…]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ