《今、この顔がスゴい!》哀川翔流!特製絶品の手作り「アニキ餃子」の作り方(レシピ)を紹介!ポイントはシューマイの皮と春雨!?

※今、この顔がスゴい! 2013年8月22日放送分より

今回のテーマは、
手作り食材にこだわっている芸能人が、
こだわりの手作り食材の良さを紹介する。

哀川翔流!特製絶品の手作り「アニキ餃子」の作り方(レシピ)

哀川翔は、
餃子」の手作りこだわっているという。

芸能界でも料理上手として知られている哀川翔が、
特製の手作り「アニキ餃子」の作り方(レシピ)を紹介。

材料(150個分)は、

  • 焼売(シューマイ)の皮:150枚
  • 春雨:70g
  • 白菜:4分の1株
  • ニラ:1束
  • 豚挽き肉:500g
  • ニンニク:3片
  • しょうが:1個
  • オイスターソース:大さじ3
  • 塩:小さじ2分の1
  • コショウ:小さじ4分の1
  • 砂糖:大さじ2分の1
  • 花椒塩(カショウエン):小さじ4分の3
  • ゴマ油(焼き油として)
  • 水(蒸らし用)

である。

まずは具材作り、
豚挽き肉は菜箸(さいばし)で切るように混ぜ、
ぐちゃぐちゃに潰さない。

挽き肉をほぐしたら、
しょうが、ニンニク、塩、コショウ、砂糖で味付け。
更に花椒塩(カショウエン)、オイスターソースを加える。

そこにニラと白菜を刻んで入れ混ぜる。

そしてアニキ餃子こだわりとして、
春雨を刻んで入れて食感を加える。

また肉の旨味を吸い込ませる為に、
春雨は全部戻さないことを補足説明。

続いて皮に包む作業に移るが、
アニキ餃子こだわりの皮として、
餃子の皮ではなく、
焼売(シューマイ)の皮を使用することが明かされた。

焼売(シューマイ)の皮で三角になるように包むことで、
具材を包むのに、
水も折り目も入れずに簡単に包める。

そして最後の工程の焼きに入る。

ホットプレートにゴマ油を敷いて、
温まる前からどんどん餃子を並べていく。

並べ終わったら上からフタをかけ、
強火でそのまま餃子を蒸す。

3分ほど置いて水気を飛ばす。

焼き目がついたら完成で、
ポン酢とお好みで柚子胡椒を付けて食べるという。

《もうちょっと調べてみた&所感》

餃子好き、料理好きにはたまらない情報でしたね。
その他にも「餃子の王様最強レシピ」には、
多数の餃子レシピが紹介されているので、
試してみてはいかがでしょう。

そして今回紹介された絶品のアニキ餃子ですが、
出演者一同絶賛で、
特に評価されたポイントは、
シューマイの皮を使ったことによる、
一口サイズの食べやすさ、
そして春雨を使ったことによる、
ジューシーさと食感でした。

餃子ということもあり、
少々作るのが面倒くさいかもしれませんが、
通常の餃子を作る工程と、
さほど変わりはない為、
普段から作り慣れている方は挑戦してみても良いかもしれません。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ