今、この顔がスゴい|西村和彦の家庭で出来る燻製・スモークのレシピ・作り方・調理法!

※今、この顔がスゴい! 2013年8月22日放送分より

今回のテーマは、
手作り食材にこだわっている芸能人が、
こだわりの手作り食材の良さを紹介する。

西村和彦流
家庭で出来る燻製(スモーク)のレシピ

西村和彦は、
燻製(スモーク)」の手作りこだわっているという。

そもそも燻製とは、
太古の時代からの調理法の一つで、
主に肉や魚を燻す保存が主な目的であった。

しかし、
その後様々な食材燻すことで、
独特の風味が付いて旨みが増すことが注目され、
今燻製がブームになっている。

実際にホームセンター等では、
燻製の関連グッズが売り上げランキングが上位になり、
燻製の専門店もその数を増やしている。

そんな中で西村和彦は20年にわたり燻製を愛し、
燻製の達人の域に達しているという。

西村和彦は家のキッチン(自宅)で、
10分で出来る燻製法(燻製の作り方・レシピ)を伝授する。

ピーナッツ、チーズ、ちくわ、ハンペン、ソーセージ、ゆで卵」、
これらの食材は下ごしらえが要らずに、
燻製すれば失敗しないことが明かされた。

西村和彦曰く、
燻製の煙は食材の旨味を増す魔法のベールだという。

用意する調理器具は、
中華鍋焼き網
そして鍋の形に合う丸い形の蓋(フタ)である。

この中華鍋と丸いフタで出来上がる丸い空間で、
煙が対流し、食材に香りが付きやすくなるのが、
大事な燻製ポイントである。

中華鍋にアルミ箔を敷き、
その上に燻製用のサクラチップをひとつまみ半程入れ、
その上にザラメを加える。

ザラメを入れることで煙に粘りが出て、
食材に煙がまとわり付き易くなるという。

そしてその上に焼き網を乗せて、
食材を乗せる。

後はフタをして10分間燻製させる。

最初は強火で火にかけ、
隙間から煙が出てきたら弱火に変える

その後、10分経てば燻製の完成である。

ちなみにこの10分で出来る燻製は「熱燻」と呼ばれていて、
80度を超える環境で、
10分~60分燻すものをいうことが説明された。

また「温燻」は、
30度~80度で数時間以上燻す燻製で、
バーベキュー等で主に使われる。

冷燻」は、
15度~30度で煙を冷やして1~4週間燻す燻製で、
一般的にはなかなかやり辛いという。

レビュー

この熱燻と呼ばれる手法を用いた燻製は、
非常に簡単で一般家庭でもすぐに出来そうですね。

実際に私も、
この映像を見て作りたくなりました。

その味は出演者達も一同に美味しいと評していましたしね。

ちなみに、
この燻製で必要な、
燻製専用の材料としては桜チップ位なものでしょうか。

その他の食材は、
スーパーに行けば普通に売ってますからね。

この燻製用の桜チップですが、
ワンコイン程度の値段で買えますし、
お近くにホームセンターがなければ、
ネット通販で買うことも可能です。

燻製に使用するチップは結構色々あるそうなのですが、
素人が使用するのであれば、
桜チップが扱い易く失敗し難いそうなので、
初めての人は迷わず桜チップを購入しましょう。

貴方も家庭でワイン片手に、
ご自宅で手作り燻製を楽しんでみてはいかがでしょうか。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

4 Responses to “今、この顔がスゴい|西村和彦の家庭で出来る燻製・スモークのレシピ・作り方・調理法!”

  1. Title

    […]Sites of interest we have a link to[…]

  2. Title

    […]check beneath, are some entirely unrelated web-sites to ours, nevertheless, they’re most trustworthy sources that we use[…]

  3. Title

    […]just beneath, are various completely not associated web sites to ours, on the other hand, they’re surely worth going over[…]

  4. Title

    […]Every as soon as in a while we select blogs that we study. Listed beneath are the most recent websites that we decide on […]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ