《ホンマでっか!?TV》3つの行動で臆病な人格(性格)を見抜く診断!臆病者は仕事が出来る人!臆病者は結婚に向いている!

※ホンマでっか!?TV 2013年8月21日放送分より

3つの行動で人格を見抜く、
ホンマでっか!?アクション。

人間の何気ない行動には、
本当の人格が出ている。

今回は俳優・椎名桔平の行動を、
各界のスペシャリスト達が学術的に分析する。

1回目のアクションは、
褒められた話をする」。

2回目のアクションは、
憧れの人に長所・短所を交え自己紹介する」。

3回目のアクションは、
叩いてかぶってジャンケンポンをする」。

このアクションで、
椎名桔平は「頑張っている臆病な」人間であると診断された。

椎名桔平は、
優しさ・サービス精神は旺盛であるが、
元々臆病な性質を持っている可能性があると分析された。

臆病な人間の性格特性(特徴)を心理学的に項目に分けると、

  • 記憶力と観察力がある。
  • ストレス耐性が低い。
  • 自己へのこだわりが強い。

といった点になる。

1回目のアクションで見ていたのは記憶力と観察力。
過去に褒められた話をする際に、
細かいやり取りまで覚えていたのは、
記憶力・観察力が高いと分析出来る。

記憶力・観察力の鋭い人は、
過去の記憶に縛られ無茶をしない=臆病であるという。

2回目のアクションで見ていたのはストレス耐性。
ストレスに耐える力の低い人は臆病になり易い。

ストレスに耐える力の低い(弱い)人は、
最初に短所をさらけ出し易く、
長所よりも短所を先に話す人は臆病者気質だという。

3回目のアクションで見ていたのは自己へのこだわりの強さ。

叩いてかぶってジャンケンポンのような遊びをする時に、
1つのキャラクターだけを演じる人は、
自己へのこだわりが強く臆病な性質を持っているという。

逆に普段のキャラ以外の自分を見せる人というのは、
サービス精神が強い性格であるという。

椎名桔平の場合は、
1つ目と2つ目のアクションが見事に臆病な性質に該当。
更に3つ目に関しては、
普段の椎名桔平と違うキャラを出していた為に、
サービス精神旺盛と受け止められる。

よって「頑張っている(サービス精神旺盛な)臆病な」人格と診断された。

また、生物評論家の池田清彦先生によると、
臆病な人はいい仕事が出来る人である」という。

臆病な人は物事を慎重に進めるので、
仕事がよく出来る傾向にあるという。

更に「結婚するなら絶対に臆病な人の方が良い」という。

臆病な人は良い夫(妻)になり易く、
その理由として臆病でない人は無茶な事をして、
家庭が破綻する危険性があるからであると説明された。

つまり臆病な人はお金の使い方が手堅いので、
結婚に向いているという。

《もうちょっと調べてみた&所感》

その他、臆病な人格を見抜く診断として、
脳科学評論家の澤口俊之先生は、
椎名さんの手の甲に自身(澤口先生)の手を当てて、
嫌な事を言うという診断を実施されておりました。

ストレスに弱い臆病な気質の人は、
そこで嫌な事を言われると腕に力が入らず、
下がってしまうらしいです。

また生物評論家の池田清彦先生は、
ギャンブルはやるか?」という質問をして、
診断を実施されておりました。

ギャンブルをやらないと回答した人は、
リスクを回避する臆病な気質であるらしいです。

澤口俊之先生の話は、
専門的なので私には判断しようがないですが、
その他の診断や分析に関しては、
結構合理的で納得いくものではないでしょうか。

この診断を自身に置き換えて、
分析することで、
貴方自身が臆病な性格の持ち主か分析することが、
出来るかもしれませんよ。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ