《健康ジョーシキ》トイレ(排尿)を我慢すると血圧が上昇し、脳梗塞・心筋梗塞のリスクが高まるので早死にする!

※カスペ! 間違いだらけの健康ジョーシキ2 2013年8月20日放送分より

貴方が持っている健康への常識は間違っている。
医療スペシャリスト達が、
間違いだらけの健康常識を紹介する。

成人男性に、
「貴方が今、健康状態で気になっていることは?」
というアンケートをとったところ、
第1位は「血圧」である。

この血圧に関して、
池谷医院院長の池谷敏郎医師が新常識を唱える。

池谷敏郎医師は、
トイレを我慢すると早死にする」という新常識を紹介。

実はトイレを我慢すると、
血圧が大きく上昇するという。

実際にトイレを我慢すると血圧がどれ程上がるのか、
佐々木健介が実証実験を行ったが、
実際にトイレを我慢すると、
かなり血圧が上がることが証明された。

血圧が上がると動脈硬化のコブが上がり、
血管が傷つく可能性がある。

これが脳で起これば脳梗塞
心臓で起これば心筋梗塞となる。

そして、
この2つの病気は死亡する可能性がとても高いので、
排尿を我慢すると、
血圧が上がってしまい、
早死にすることが説明された。

1日の中で血圧は絶えず変動しており、
血圧の変動するタイミングは血管の病気を防ぐことになるので、
このことを知っていることが重要である。

その他、日常生活で血圧が上がる所(場面)はこちらの記事にまとめた。

《もうちょっと調べてみた&所感》

今回の実験ではかなりトイレを我慢していましたので、
非常に大きく血圧が上昇いたしました。

池谷医師は、
実際の生活ではここまでトイレを我慢することはないでしょうが、
気をつけて下さいと仰っていましたが、
実は結構排尿をギリギリまで我慢するケースってありますよね。

例えば学生であれば授業中、
社会人であれば会議中等がその代表格。

また急いでいる時の移動中の電車内等も、
トイレをギリギリまで我慢せざる得ない状況ではないでしょうか。

日頃から高血圧が悩みの方は、
命がやはり最優先。

会議中であっても勇気を出して、
トイレに行かせてもらい、
電車の中だととしても、
最寄りの駅で降りてトイレを済ませてしまいましょう。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ