《世界一受けたい授業》かぼちゃのワタの栄養(βカロチン)が摂れるロスフード・レシピ「かぼちゃのワタ炒り卵」!

※世界一受けたい授業 2013年7月27日放送分より

普段何気無く捨てている食材ゴミ(ロスフード)は、
年間約1800万tにのぼり、
この量は人口約4000万人が、
一年間に食べられる食事の量と同じである。

しかし食材ゴミとして捨てられる、
食材の切れ端こそ栄養が豊富な事が分かった。

今回はロスフードマジシャンの異名を持つ、
正徳大学教授の今井悦子先生が、
栄養満点のロスフードレシピを紹介してくれる。

かぼちゃ」の普段捨てがちなある部分として、
かぼちゃの中にあるワタの部分を指摘した。

かぼちゃのワタはいつも食べている果肉の部分よりも、
栄養が豊富である。

特に皮膚を作る元になる成分βカロチン(βカロテン)が、
果肉の5倍程度多く含まれており、
肌の代謝が上がり綺麗な美肌になるという。

調理方法として、かぼちゃ種を取り、
ざく切りにして溶いた卵と一緒に軽く炒める、
かぼちゃのワタ炒り卵」というレシピを紹介した。

実際に出演者が「かぼちゃのワタ炒り卵」を食すと、
大変美味しいという感想が聞かれ、
かぼちゃを食べている感覚がないという意見が聞けた。

《もうちょっと調べてみた&所感》

かぼちゃというと非常に栄養価が高く、
美肌効果の高い食材として記憶しているのですが、
果肉だけでなくワタの部分も食べた方が良かったのですね。

かぼちゃに含まれるβカロチン(βカロテン)は、
非常に強い抗酸化作用を持っていて、
つまりは老化防止、
アンチエイジングに役立つ成分を有しています。

またβカロチン(βカロテン)は、
肌トラブルの万能薬で、
今井先生の肌荒れ防止、肌のキメ、ハリを整えるだけでなく、
シミやソバカス予防にも効果があります。

これは紫外線による発生するメラニン色素の元になる、
活性酸素の発生を抑制してくれるからです。

更に動脈硬化予防の効果もあるので、
健康を維持したい人にも最適な食材です。

特に女性に需要が高そうな食材ではありますね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

7 Responses to “《世界一受けたい授業》かぼちゃのワタの栄養(βカロチン)が摂れるロスフード・レシピ「かぼちゃのワタ炒り卵」!”

  1. efcaxdszdfszgd より:

    Title

    […]always a large fan of linking to bloggers that I really like but really don’t get a good deal of link love from[…]

  2. Title

    […]one of our visitors a short while ago recommended the following website[…]

  3. Title

    […]check beneath, are some absolutely unrelated web sites to ours, nevertheless, they’re most trustworthy sources that we use[…]

  4. refund policy より:

    Title

    […]although websites we backlink to beneath are considerably not associated to ours, we really feel they may be really worth a go by way of, so possess a look[…]

  5. Title

    […]although web sites we backlink to beneath are considerably not related to ours, we really feel they are truly really worth a go through, so possess a look[…]

  6. Title

    […]Wonderful story, reckoned we could combine a few unrelated information, nonetheless actually really worth taking a appear, whoa did one learn about Mid East has got extra problerms as well […]

  7. Title

    […]The info talked about within the write-up are some of the most beneficial accessible […]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ