内村とザワつく夜|密室の恐怖・本当にあった真夏に背筋が凍る話

※内村とザワつく夜 2014年7月29日放送分より

今回は夏休み特別企画、
本当にあった真夏に背筋が凍る話スペシャル。

3000人以上の一般視聴者を徹底取材し、
実際に起きた人間関係の背筋が凍る、
怖い話・恐怖体験が明かされる。

密室の恐怖

38歳・会社員・ケンイチさんの投稿。

この日、
ケンイチさんは仕事で、
会社の取引先へと向かっていたが、
駅でお腹を下しトイレの個室へと駆け込んだ。

なんとかピンチを切り抜けた、
と思ったケンイチさんだったが、
その時はまだ、
忍び寄る恐怖に気付いていなかった。

トイレに新たに入る人の気配、
そしてヒールの足音が聞こえ、
ケンイチさんのいる個室がノックされた。

そして、
「混んでいるので早くしてもらえますか?」
と女性の声が聞こえた。

そこでケンイチさんは自身が、
間違って女子トイレに入ってしまった事に気が付いた。

ケンイチさんは人がいなくなるまで、
とにかく待つしかないと決め込んだ。

すると、
辺りがようやく静かになった。

ケンイチさんは意を決して、
トイレを飛び出す事に成功した。

ケンイチさんは、
助かったと思った矢先に、
自身の携帯電話を、
女子トイレの個室に置き忘れた事に気が付いたのだった。

つまりこの話は、
トイレに駆け込んだら、
間違えて女子トイレに入ってしまい、
さらに携帯を置いてきてしまった話である。

レビュー

これは本当に身近に忍び寄る恐怖と言えますし、
誰の身にも起こりうる事と言えるでしょう。

特に男性の場合は、
本当に単なる間違いだったとしても、
下手すれば警察に逮捕され、
事情聴取されるなんて事にもなりかねません。

下痢になって、
焦っていたとしても、
男女のトイレを間違えないように、
トイレに入る際には、
極力慎重にした方が良いでしょうね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ