内村とザワつく夜|恐怖の訪問者・本当にあった真夏に背筋が凍る話

※内村とザワつく夜 2014年7月29日放送分より

今回は夏休み特別企画、
本当にあった真夏に背筋が凍る話スペシャル。

3000人以上の一般視聴者を徹底取材し、
実際に起きた人間関係の背筋が凍る、
怖い話・恐怖体験が明かされる。

恐怖の訪問者

25歳・モデル・瞳さんの投稿。

これは1年前の話で、
人の恨みって怖いと身をもって感じた体験談である。

この日は付き合って1ヶ月の彼氏、
ユウジの家に遊びに来たが、
2人はまだ忍び寄る恐怖に気付いていなかった。

深夜にも関わらず彼氏の家のインターホンが鳴り、
それを無視する彼氏を急かすように、
ドアを激しく叩く音がした。

心配する瞳さんを気遣い、
彼氏がようやくその訪問者を迎えに行った。

その後、
彼氏の叫び声が聞こえ、
瞳さんがドアの外に出ると、
刃物を持った女性が彼氏に襲いかかっていた。

彼氏から部屋に戻るよう促された瞳さん。

恐怖に怯える事10分、
彼氏が無傷で帰ってきた。

彼氏は格闘の末、
なんとか女性を追い返したと話した。

彼氏はその女性は元カノで、
未だに自分の事が好きで、
それであのような凶行におよんでいる事を明かした。

数日後、
ひとみさんは体調を崩してしまい、
彼氏の家で寝る事になった。

そして本当の恐怖はここから訪れる。

睡眠中に彼氏から電話がなり、
出てみると、
その元カノが今自分の家に向かっているから、
すぐに家を出ろという忠告を受けた。

しかし、
未だに元カノと繋がっていた彼氏への怒りと、
きちんと鍵がかかっている事への安心感から、
その忠告を聞かず、
再び眠りについた。

10分後、再び携帯電話を見てみると、
彼氏から数十通の警告メールが届いていた。

そこには「元カノは合鍵を持っている」といった記載もあった。

それと同時にドアの解錠する音が聞こえた。

瞳さんは恐る恐る、
ドアの方へと向かい、
ふと振り返るとそこに例の元カノが立っていた。

これはもう殺されるなという覚悟を持った瞳さんだったが、
よくよく彼女を見ると、
震え、怯えていた様な印象を持った。

そこで、
どうしたのか瞳さんがたずね、
2人で話し合っていくうちに、
彼女(元カノ)も、
だらしない彼氏の被害者であるという事が分かり、
仲良くなる事が出来たという。

つまり、
瞳さんが体験した真夏に背筋が凍る話は、
彼の元カノがカギを開け家に忍び込んだ話である。

レビュー

結論的に言えば、
その彼氏さんが女性関係がだらしないから、
このような事件が起きたと言えるようですが、
この瞳さんの立場にたってみれば、
相当怖い経験だったでしょうね。

いくら男性に恨みを持っていても、
刃物で襲いかかる女性は、
猟奇的以外のなにものでもないですから。

女性に限らず男性もですが、
交際相手・恋人を作る際は、
その相手の過去の恋愛遍歴において、
変なこじれがないか、
知っておく必要があるかもしれませんね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ