ジョブチューン|女性警察官は男性警察官によくお尻を触られる!

※ジョブチューン 2014年2月22日放送分より

今回は、
衝撃の警官・警察官ぶっちゃけスペシャル。

映画・刑事ドラマでは描かれない、
警察の裏側・真実を、
元警察官がぶっちゃける。

女性警察官は
男性警察官によくお尻を触られる!

元女性警察官・田中厚子。

女性警察官(婦警)は全国に約1万8000人いると言われ、
警察官全体に占める割合はわずか7%と少ない。

田中厚子は倍率36倍の難関を突破して、
女性警察官に採用。

10年間の在職期間中に、
交通課・婦人機動隊・刑事部操作一課まで、
様々な職業を経験。

拳銃密造グループを摘発し、
新聞に報じられる事もあった。

そんな元女性警察官・田中厚子は、
現役時代男性警察官に、
よくお尻を触られまくった事をぶっちゃけた。

今はセクハラと呼ばれるが、
田中厚子が活躍した現役時代は、
警察社会は男性社会なので、
挨拶代わりにお尻を触られていたという。

当時はこれが日常的で、
どうしても嫌で辞めていく婦人警官も多かったという。

レビュー

今回の情報は、
警察組織に限らず、
どこの組織・会社・企業でも、
往々にして起きていたのでしょうね。

男女雇用機会均等法が成立して久しく、
女性の社会進出が目覚ましい現代にあっては、
女性の権利というモノが、
非常に重要視される様になりましたが、
それ以前は、
大概どのような場であっても、
男性社会であったでしょうからね。

そういう意味では、
女性にとって働きにくい環境と、
揶揄される日本社会ではありますが、
昔と比べれば、
だいぶ改善した事が分かりますね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ