《世界一受けたい授業》林修先生が鎌倉女学院中学校から生きるヒントになるいい問題を紹介!人生は空欄補充を行っている!可能性を消していき大人になる事を覚えろ!

※世界一受けたい授業 2013年8月17日放送分より

今年(2013年)の東京大学現役合格者は約1900人。

その3割近く600人を輩出した進学塾「東進ハイスクール」。

講師の中で人気No.1なのが、
自身も東大出身の現代文の林修先生。

林修先生は今回、
受験問題の中には、
生き方(人生)のヒントを教えてくれる、
いい問題があるとして紹介する。

林修先生は、
神奈川県の鎌倉女学院中学校の入試問題を紹介。

例にならって左右を入れかえても、
熟語になる漢字を「?」に入れなさい。

例:女「王」→王女

本題①:乳「?」
本題②:所「?」

という問題が出題された。

正解例は、
乳「母」→母乳
所「長」→長所

今回のこの問題から学ぶ、
生き方のヒントとなるキーワードは、
可能性を消していくことを学べ」。

この問題は漢字の組み合わせの問題で、
答えはいくつか存在する。

つまり漢字というものは、
組み合わせで色々な世界が広がっていく。

そうすると「何でもいいじゃないか」という生徒が出てくる。

「何でもいい」という可能性を一つずつ消して、
自分の勝負できる所、やれる事を絞っていくということが、
学校で勉強して、
社会に出て行く途中で絶対に必要な要素であると説明された。

これが生きるという事であり、
大人になる事であると説明された。

《もうちょっと調べてみた&所感》

可能性は消すなという教えをする人(先生)は沢山いますが、
逆に可能性を消すことを覚えろという人(先生)は、
なかなかいませんよね。

そういう意味では、
やはりこれだけ著名になる先生は、
他の先生方と違うのかなと感じてしまいました。

しかしながら、
この林修先生のお話は非常に理解できます。

綺麗事抜きにすれば、
世の中は非常に理不尽かつ現実的。

理想を追い求め過ぎたり、
好き勝手やっていれば淘汰されていってしまいます。

結局、成功するのは、
自分のやれる事、合っている事を見極めていった、
現実主義者達が圧倒的に多いのです。

そういう意味で、
綺麗事だけでなく、
このような世の中の真理を教える先生がいても、
私はいいのかなと感じました。

二兎追うものは一兎をも得ず」という言葉がある通り、
欲張り過ぎはかえって身を滅ぼします。

理想や夢は大事ですが、
そういった可能性を消すことも覚え、
大人になる、現実的になる事も必要ということを、
教えてくれたのはないかと感じました。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ