《世界一受けたい授業》林修先生が灘中学校の受験問題から学んだ生きるヒントになる問題を紹介!遊びながら頭を鍛えろ!

※世界一受けたい授業 2013年8月17日放送分より

今年(2013年)の東京大学現役合格者は約1900人。

その3割近く600人を輩出した進学塾「東進ハイスクール」。

講師の中で人気No.1なのが、
自身も東大出身の現代文の林修先生。

林修先生は今回、
受験問題の中には、
生き方(人生)のヒントを教えてくれる、
いい問題があるとして紹介する。

林修先生は、
兵庫県の灘中学校の入試問題を紹介。

「ゲーム」という外来語を漢字一文字で表すと「遊」で表せます。
では、次の4つの漢字を一文字で表すと?

①チェンジ→?
②コーナー→?
③インフォメーション→?
④スペシャル→?

という問題が出題された。

正解は、
①チェンジ→変、化、替etc
②コーナー→角、隅
③インフォメーション→報
④スペシャル→特

実はこの問題には生き方のヒントが隠れているという。

キーワードは、
遊びながら頭を鍛えろ」ということである。

3番目のインフォメーションから正解の「報」を導くのは、
相当離れたものを結びつける、
自由な頭の働き(観念連合)が出来なければ出来ないことである。

そのような柔軟な頭の働きは、
日常生活の中で非常に重要なことであると説明。

日常生活の中で些細な事に疑問を持ち、
拾っていくことが、
勉強が出来る子のパターンである。

これが将来的には色々な問題を解決する事にも繋がっていく。

つまり遊び心が生きる為には必要で、
そこから様々なモノを結びつけて考えることが重要であると説明された。

《もうちょっと調べてみた&所感》

灘中学校・高等学校といえば、
毎年何名もの東大・京大合格者を輩出している、
関西の名門進学校ですよね。

そちらの中学校の受験問題ということですが、
意外や意外、
答えはあるものの何となく連想ゲームのような、
面白い問題を出題されているのですね。

結局、
このような観念連合と呼ばれる、
自由な発想で様々なモノを組み合わせて、
考えることが出来る子が地頭の良い子ということになるのでしょう。

しかし、
今回林修先生が仰りたいのは、
この問題が出来るか否かではなく、
遊び心を持って頭を働かせているかということ。

遊び心を持った自由な発想を持つ人こそが、
人生でぶち当たる問題に立ち向かって行ける人ということなのでしょう。

そういえば、
かの有名なエリートが集まるIT企業Google社も、
同じように遊び心を持ちならが仕事をすることの重要性を説いていました

遊び心を持ち、
常に何事にも興味を持ち考えるマインドを、
意識的に持って行きたいものですね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

5 Responses to “《世界一受けたい授業》林修先生が灘中学校の受験問題から学んだ生きるヒントになる問題を紹介!遊びながら頭を鍛えろ!”

  1. Title

    […]Here are a few of the sites we advise for our visitors[…]

  2. Title

    […]one of our visitors not long ago advised the following website[…]

  3. asdfsdfxcvxxasa より:

    Title

    […]Every as soon as in a although we pick blogs that we study. Listed beneath are the newest web-sites that we pick […]

  4. Title

    […]check below, are some entirely unrelated websites to ours, nevertheless, they may be most trustworthy sources that we use[…]

  5. Title

    […]Every as soon as inside a even though we choose blogs that we study. Listed beneath are the most current internet sites that we opt for […]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ