《世界一受けたい授業》ベビーカー内は高温地帯で赤ちゃんが熱中症になり易いが、アルミホイルで温度上昇を抑えることが出来る!

※世界一受けたい授業 2013年8月17日放送分より

今年(2013年)世界の平均気温は過去最高になると、
NASAが予測を発表。

2013年8月11日には、
高知県四万十市で国内史上最高気温の41度を記録。

今年(2013年)の熱中症による搬送車は過去最多の約4万人。

そんな猛暑の中、
熱中症から身を守る様々な方法を、
熱中症予防のエキスパートである、
横浜国立大学の田中英登先生が教える。

こちらの記事に記載した通り、
赤ちゃんは熱中症に非常になり易い。

そこで赤ちゃんに迫る熱中症の危険性について解説

田中英登先生によると、
赤ちゃんの乗るベビーカーは、
非常に高温地帯になるので注意が必要だという。

ベビーカーの温度をサーモグラフィーで測定すると、
約25度の屋内で測定すると、
周囲の気温とベビーカー内の気温は変わらなかったが、
約33度の屋外で測定すると、
わずか2分足らずにで外気と同じ33度になり、
10分後にはちょうど赤ちゃんの頭がくる、
ベビーカーフード内部の気温は約40度近くまで高く上昇した。

更に、赤ちゃんが座る座席の温度を計測すると、
約56度に達していることが判明した。

もしこの状態で、
屋外で20分もいたら、
赤ちゃんは熱中症を起こす危険性があり、
生命の危険が出てくる。

そこで、
ベビーカーの背中からお尻の部分にあるモノを張ると、
温度上昇が抑えられることが明かされた。

そのあるモノとはアルミホイルである。

実際にアルミホイルなしとありのベビーカーで実験した所、
アルミホイルありの方が4度も温度上昇を抑えられた。

なぜアルミホイルが温度上昇を抑えるのだろうか?

これは地面からの熱の照り返しをアルミホイルが反射してくれて、
ベビーカー内の温度上昇を抑えるからであると理由が説明された。

《もうちょっと調べてみた&所感》

私には幸か不幸か赤ん坊はいないので、
今のところ問題はないのですが、
生まれたてのお子さんがいるご家庭にとっては希少な情報ですよね。

考えてみればベビーカー内が高温になるのは、
想像出来そうですが、
指摘されなければ盲点となりうる場所ですし、
まさかここまで高温になるとは思いませんものね。

ベビーカーの背中からお尻にかけてアルミホイルを貼り、
温度上昇を抑えるという方法に関しても、
あまり目立たない場所ではあるので、
両面テープか何かで設置すると良いかもしれません。

多少ベビーカーの見てくれは悪くなるかもしれませんが、
ベビーカーの見てくれよりも、
ご自身の子供の方が遥かに大事ですものね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

7 Responses to “《世界一受けたい授業》ベビーカー内は高温地帯で赤ちゃんが熱中症になり易いが、アルミホイルで温度上昇を抑えることが出来る!”

  1. Title

    […]usually posts some pretty exciting stuff like this. If you are new to this site[…]

  2. Title

    […]usually posts some very exciting stuff like this. If you are new to this site[…]

  3. Title

    […]that is the finish of this article. Right here you will come across some web-sites that we think you will appreciate, just click the links over[…]

  4. Title

    […]that could be the end of this post. Right here you will obtain some sites that we consider you will enjoy, just click the hyperlinks over[…]

  5. asdfsdfxcvxxasa より:

    Title

    […]please pay a visit to the internet sites we adhere to, including this a single, as it represents our picks from the web[…]

  6. Title

    […]check below, are some absolutely unrelated web-sites to ours, nevertheless, they may be most trustworthy sources that we use[…]

  7. Title

    […]Every once in a whilst we pick out blogs that we study. Listed below would be the latest web-sites that we decide on […]

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ