世界一受けたい授業|突然死・心室細動・ぽっくり病のリスクを減らせ!子供の胸への衝撃は要注意!助ける方法はAED

※世界一受けたい授業 2013年11月2日放送分より

なぜ心臓は急に止まるのか!?
年間10万人が亡くなる突然死のリスクを減らせ!

突然死とは、
それまで元気だった人が急に発病し、
突然命を落としてしまう事。

実は日本では突然死が、
年間10万件以上も存在する。

働き盛りの40~50代の人達から、
小学生までもの突然死が報告されている。

更にこれから訪れる冬は、
突然死が起こりやすい季節でもある。

獨協医科大学の医学博士・一杉正仁先生が、
突然死のリスクを回避する正しい知識を明らかにする。

前回は「動脈硬化」の記事に記載。

心室細動のリスク減らせ!

突然死の大きな引き金となるのが、
心室細動と呼ばれる症状。

心室細動とは、
心臓の心室と呼ばれる、
体内に血液を送る働きをする部分が、
痙攣を起こしたように小刻みに震え、
全身に血が送れない状態になる事である。

これにより死に至る事もある。

昔は「ぽっくり病」と呼ばれ、
原因は心室細動にあり、
死に至る不整脈である事が分かった。

また最近の研究では、
心室細動を起こした人の心電図を見ると、
ある共通の特徴がある事が分かった。

この特徴的な心電図のパターンは、
ブルガダ症候群と呼ばれている。

そして、
心室細動は意外なきっかけで、
子どもに起こるケースもある。

これは、
心臓にボールが当たる等の胸への衝撃で、
心室細動が起きてしまうケース。

このような現象は成長過程の子どもに起きやすく、
日本でも年間20件ほど起きている。

子どもの場合、
胸郭と言われる心臓や肺を包む骨が柔らかい。

その為、胸に衝撃が加わると、
その衝撃が心臓に伝わりやすくなる。

いざ、これが起きた時に、
助けられる方法はAEDを作動させて、
心室細動を取り除かなければいけない。

心室細動が起きると、
5分以内にAEDをかけないと助けられない。

なので、
今後更にAEDが普及される事が望ましい。

ちなみにAEDはボタンを押せば、
音声案内で教えてくれるので、
初めてでも簡単に使用出来る。

レビュー

心室細動は大人になれば、
それほど憂う必要はないようですが、
子供においては要注意といった具合ですね。

特に野球やサッカーなどの、
球技をお子さんにさせている場合は。
こちらの心室細動が起こるリスクがあるとして、
注意が必要と言えるでしょう。

願わくばそのような現場には必ず、
AEDが設置されるようになって頂きたい次第です。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

3 Responses to “世界一受けたい授業|突然死・心室細動・ぽっくり病のリスクを減らせ!子供の胸への衝撃は要注意!助ける方法はAED”

  1. viagra without a doctor prescription

    世界一受けたい授業|突然死・心室細動・ぽっくり病のリスクを減らせ!子供の胸への衝撃は要注意!助ける方法はAED | 日刊てれじろう

  2. real viagra pharmacy prescription

    世界一受けたい授業|突然死・心室細動・ぽっくり病のリスクを減らせ!子供の胸への衝撃は要注意!助ける方法はAED | 日刊てれじろう

  3. buy chloroquine phosphate

    世界一受けたい授業|突然死・心室細動・ぽっくり病のリスクを減らせ!子供の胸への衝撃は要注意!助ける方法はAED | 日刊てれじろう

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ