世界一受けたい授業|突然死・動脈硬化のリスクを減らせ!長い間ずっと座りっぱなしの職業の人は危険!予防法は?

※世界一受けたい授業 2013年11月2日放送分より

なぜ心臓は急に止まるのか!?
年間10万人が亡くなる突然死のリスクを減らせ!

突然死とは、
それまで元気だった人が急に発病し、
突然命を落としてしまう事。

実は日本では突然死が、
年間10万件以上も存在する。

働き盛りの40~50代の人達から、
小学生までもの突然死が報告されている。

更にこれから訪れる冬は、
突然死が起こりやすい季節でもある。

獨協医科大学の医学博士・一杉正仁先生が、
突然死のリスクを回避する正しい知識を明らかにする。

前回は「心筋梗塞」の記事に記載。

動脈硬化のリスク減らせ!

2012年4月30日、
競泳平泳ぎで北島康介選手の良きライバルであった、
ダーレ・オーエン選手が合宿先のホテルの浴室で、
倒れている所を発見され、
26歳の若さで搬送先の病院で死亡した。

原因は動脈硬化

動脈硬化とは過剰なコレステロールや脂肪により、
血管の内側にプラークと呼ばれるコブのようなものができ、
血液の流れを悪くして血管の破裂を引き起こす病気。

またプラークが剥がれ、
他の臓器の血管を詰まらせ、
突然死を引き起こす症状もある。

この動脈硬化はデスクワークのような、
長い間ずっと座りっぱなしの職業の人は危険である。

このような職業の人は、
足を動かす事が少なく、
そうすると血液の粘度が高くなり、
血栓という血の塊ができやすくなる。

その血栓が足から心臓に行き、
肺の血管に到達すると肺塞栓症という病気を引き起こす。

かつてはエコノミークラス症候群と呼ばれたこの病気も、
突然死する恐ろしい病気であると説明された。

この予防法は単純で、
足を動かす事である。

続きは「心室細動」の記事に記載。

レビュー

動脈硬化それ自体が、
死に至る症状ではありませんが、
脳卒中や心臓病など、
様々な致命的な病を引き起こす原因となります。

ですから、
その原因を作らない事が、
突然死を防ぐ上で、
非常に大事になるという事ですね。

特に同じ姿勢でいる事が多い人は、
適度に軽い運動をする事で、
動脈硬化を防げると思うので、
気が付いた時に行っておくと良いでしょう。

願わくばそのような現場には必ず、
AEDが設置されるようになって頂きたい次第です。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

3 Responses to “世界一受けたい授業|突然死・動脈硬化のリスクを減らせ!長い間ずっと座りっぱなしの職業の人は危険!予防法は?”

  1. best price cialis 20mg

    世界一受けたい授業|突然死・動脈硬化のリスクを減らせ!長い間ずっと座りっぱなしの職業の人は危険!予防法は? | 日刊てれじろう

  2. vigra gel cap より:

    vigra gel cap

    世界一受けたい授業|突然死・動脈硬化のリスクを減らせ!長い間ずっと座りっぱなしの職業の人は危険!予防法は? | 日刊てれじろう

  3. viagra generic より:

    viagra generic

    世界一受けたい授業|突然死・動脈硬化のリスクを減らせ!長い間ずっと座りっぱなしの職業の人は危険!予防法は? | 日刊てれじろう

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ