秘密のケンミンSHOW|湖南市に住む滋賀県民は海老天エビフライカレーうどんを食べる!?

※秘密のケンミンSHOW 2013年11月21日放送分より

滋賀県民の秘密のごちそう

日本一の水瓶である、
滋賀県は琵琶湖の南にある湖南市

湖南市はかつて東海道五十一番目の宿場町だったこの地に、
他県民驚愕のごちそうが隠されていた。

早速滋賀県民を調査すると、
とってもおいしい、
デカ・ニョキ・ドーンとした丼である事が分かった。

更に謎のごちそうを良く知るという、
地元の校長先生は大胆不敵なカレーうどんであるという。

そのメニューが置いてあるという、
滋賀県・湖南市の「みくりや」へ向かった。

ランチタイムの店内を見てみると、
何やら耳を疑うようなネーミングの、
カレーうどんを次々オーダー。

一体どんなカレーうどんなのか、
ひとまず作り方を拝見させてもらった。

まずは自家製の手打ちうどんを丼にスタンバイ。

続いて一般的なカレーうどんよりも、
とろみのあるカレー出汁を注ぐと、
ここで何やら大量な衣をまとった、
巨大な海老天が登場。

それを迷わずカレーうどんにトッピング。

そしてその後、
カレーうどんとは全く関係のない、
謎の料理が登場し、
そしてそれを平然と海老天の横にトッピング。

どう見ても、
他県民には違和感ありありのカレーうどんを、
平然とテーブルに提供した。

そして滋賀県民たちは、
豪快にうどんをすすり、
その勢いのまま謎の料理にかぶりついた。

湖南市に住む滋賀県民は
海老天エビフライカレーうどんを食べる!?

湖南市に住む滋賀県の人々は、
カレーうどんに海老天とエビフライがのった、
その名も「海老天エビフライカレーうどん」、
を食べる事が明かされた。

再び先程の「みくりや」へ向かい、
メニューを確認すると、
確かに「海老天エビフライカレーうどん」の文字があった。

カレーうどんに横たわる、
巨大な海老天の横に、
これまた巨大に飛び出したエビフライが仲良くそそり立っている。

一般的なものと比較しても、
それをはるかに凌ぐビッグサイズである。

滋賀県民は誰もが、
この摩訶不思議なカレーうどんを、
美味しそうに味わっていた。

ここで、
海老天エビフライカレーうどんの作り方を紹介。

ベースとなる出汁には魚介を中心とした、
15種類もの食材を使用。

これを3日間かけ丁寧に仕込み、
濃厚な風味の和風出汁にする。

一方のカレー作りも、
にんじんペーストやオニオンペースト、
更に隠し味のコーヒーなど、
材料は実に10種類を使用。

カレー専門店顔負けの本格派である。

カレーは洋風なので、
洋食のエビフライとすごく相性が良く、
出汁の方も濃い目の味付けになっているので、
海老天にもバッチリ相性が合うという。

続いて、海老天とエビフライが完成。

そして先程のカレーと出汁を合わせた、
濃厚かつスパイシーなカレー出汁を、
うどんの上から流し込んだ。

次の瞬間、海老天とエビフライという、
揚げ物界の両巨頭がカレーうどんの上でご対面。

仕上げに青ネギを盛り付けたら、
湖南市の滋賀県民が愛する、
「海老天エビフライカレーうどん」が完成。

どのように海老天エビフライカレーうどんは誕生した?

「みくりや」の女将さんに、
海老天エビフライカレーうどんの誕生した理由を聞く。

12年位前にお客から、
「海老天とエビフライの乗ったカレーうどんを作って欲しい」、
と言われて、
定番メニューに加わったという。

更に「みくりや」ではトンカツが美味しいという、
地元住民からの情報が入った。

「カレーうどん」に並んで「カツ丼」が人気という事で、
調べてみると、
なんとカツの下から出てきたのはご飯ではなくうどん。

その名も「三元豚のかつうどん」である。

海老天エビフライカレーうどん大試食会

スタジオに、
海老天エビフライカレーうどんが登場し、
出演者が試食した。

カレーが非常に美味しく、
辛さも独特で、
海老天とエビフライ、
どちらにも合うと高評価の感想が寄せられた。

またカレーも美味いが、
うどんも非常に美味しいとコメントされた。

レビュー

うーん。

個人的に今回の情報は、
それほど驚くべき情報ではありませんでした。

なんと申しますか、
結構どこにでもありそうなメニューだなというのが所感。

まぁ実際は、
そんなお店少ないのかもしれませんが、
海老天とカレーうどんはあるでしょうから、
ちょっとわがまま言えば、
作ってもらえそうな気はしますよね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ