100秒博士アカデミー|インフルエンザが防げる最強マスク!「ダチョウマスク」が予防に効果あり!ダチョウの涙は未来の調味料

※100秒博士アカデミー 2013年12月3日放送分より

インフルエンザの最新予防法とは?

去年暮れから今年にかけて猛威をふるったインフルエンザ

その患者数はなんと約1370万人。

芸能界でも被害が続出。

その恐怖のウイルスで、
去年は1275人が死亡した。

その時に流行したのがA香港型ウイルスである。

その特徴はウイルス自体が変異しやすく、
世界規模で爆発的に感染する危険性があるというもの。

更にB型は脳症などの合併症を引き起こす可能性があり、
C型は5歳以下の乳幼児に感染する事が多い。

そんな驚異のウイルスに立ち向かう、
ある画期的な方法を見つけた人物こそが、
京都府立大学動物衛生学教授であり、
ダチョウ博士の塚本康浩教授である。

この塚本康浩教授が世界で唯一の、
ダチョウ生態学の専門家。

ダチョウとインフルエンザ予防の関係をプレゼンする。

インフルエンザに効果があるのはダチョウマスク

塚本康浩教授によると、
インフルエンザに効果があるのは、
教授が開発したダチョウマスクだという。

ダチョウの寿命というのは非常に長く約60年。

また、ダチョウは免疫力が非常に強いという特徴を発見。

塚本康浩教授はダチョウの免疫力の高さに目を付け、
ダチョウにインフルエンザウイルスを投与。

すると、ダチョウが持つ免疫がすぐに反応して、
体内でインフルエンザに対する抗体がすぐに作られた。

そして教授はそのマスクにダチョウの抗体を付けたという。

このダチョウマスクの効力によって、
インフルエンザウイルスを99.9%無力化出来るという。

ダチョウマスクの作り方とは?

体内にインフルエンザウイルスなどの異物が侵入した時に、
異物に対し、
その働きを無効化する物質が生成される。

それが抗体の正体である。

抗体の優れている点は、
一度侵入してきた相手を忘れずに覚えている。

その為、同じ異物が侵入してきた時に、
即座に抗体を増殖し抵抗する事が出来る。

ダチョウの場合、
母親の体内で作られた抗体が子孫を守る為、
卵に抗体が送られる。

この卵から抗体を抽出し、
マスクに染み込ませた物がダチョウマスク。

このマスクを装着する事で、
フレッシュな空気だけを吸うことが出来る。

インフルエンザ以外の抗体を作れる?
ダチョウの力で様々な病気を撃退!

塚本康浩教授によると、
ダチョウによって、
インフルエンザ以外の抗体も作れるという。

花粉(アレルゲン)に対する抗体を、
ダチョウは元々持っていた為、
それを取り出し、
粘膜近辺にスプレーで振りかければ、
花粉症になりにくくなる。

更に、現在塚本康浩教授が、
特許申請中の抗体としては、
メタボ糖尿病に対する抗体があるという。

ダチョウというのは様々な抗体を作り出す事が出来るので、
人間がこういった抗体を作りたいと考えたら、
ダチョウが作ってくれると説明された。

ダチョウの涙から未来の調味料を採取!

塚本康浩教授はダチョウから、
未来の調味料を発見したという。

それは「ダチョウの涙」で、
甘酸っぱい、酸味と甘味がある。

出演者が実際に「ダチョウの涙」を試食し、
甘味の後に独特のコクがあり、
癖になるような味だとコメントされた。

レビュー

個人的にダチョウの涙の味が非常に気になります。

しかし、
普段から豚肉、牛肉、鶏肉と、
動物を食している身でありながら、
動物の体液となると、
少々食するのに度胸が要りますね。

願わくば、
成分解析をして頂き、
化学的にその調味料を作っていただいた方が、
まだ生理的に使いやすいかもしれませんね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ