ジョブチューン|髪の毛を生やす(発毛する)薬 ミノキシジル

※ジョブチューン 2014年3月8日放送分より

今回は、
衝撃の医師・医者ぶっちゃけスペシャル。

日本の名医達によって、
病気に関する常識がくつがえされる。

髪の毛を生やす(発毛する)薬
ミノキシジル

頭髪医療専門医・形成外科医・脇坂長興によると、
髪の毛を生やす(発毛する)薬、
ミノキシジルという塗り薬があるという。

この薬を塗ると、
毛根の細胞を活性化させて、
毛の成長を早めるという。

つまり、
薄毛進行を抑える・抜け毛を防止する、
フィナステリドという薬と、
ミノキシジルを併用すれば、
年相応の状態まで、
頭髪を戻す事は可能である。

しかし、
相応の副作用があるので、
注意が必要。

フィナステリドの副作用は、
男性の場合元気が無くなり、
女性の場合は胎児に、
発育異常が起きる可能性があるので使用は禁止されている。

ミノキシジルの副作用は、
全身の毛が増える可能性がある事や、
痒みを伴う場合がある。

レビュー

薄毛の進行を抑える事は、
ほぼ100%可能な様ですが、
発毛を促進する、
このミノキシジルにあっては、
人によって効果の程は分かれる様ですね。

とは言え、
非常に効果の高い治療法の様なので、
上記しました、
副作用に注意しつつ、
髪の薄さにお悩みの方は、
病院で診察の上、
処方されてみてはいかがでしょうか。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ