ジョブチューン|男性が長期間禁欲後に子作りすると妊娠率が下がる


※ジョブチューン 2014年3月8日放送分より

今回は、
衝撃の医師・医者ぶっちゃけスペシャル。

日本の名医達によって、
病気に関する常識がくつがえされる。

男性が長期間禁欲してから
性交渉すると妊娠率が下がる

産婦人科医・船曳美也子によると、
男性で子供が欲しいからといって、
長期間禁欲してから、
性交渉する場合があるが、
これはかえって妊娠率が下がるという。

禁欲する事で確かに精子の数は増えるが、
古い精子が沢山溜まるので、
細胞が壊れていったり、
運動性が悪い精子が溜まってしまう。

それが新しくて、
運動性のいい精子が、
出てくのを邪魔してしまい、
結果、
妊娠率を悪くさせてしまうのである。

レビュー

禁欲して、
精子が沢山出れば、
妊娠し易いという訳ではないのですね。

とは言え、
多量の精子を放出した方が、
妊娠率を高めるというのも一つの事実でしょう。

ですから要はバランスですね。

いかに誕生したての、
運動性の良い精子を維持しつつ、
多量の精子を放出するかといった問題だと思われます。

要は、
必要以上の禁欲はする必要はないですし、
必要以上に無駄な自慰行為は控えた方が良いという事。

普通が一番という事ですね。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ