ジョブチューン|体外受精の現状とは?

※ジョブチューン 2014年3月8日放送分より

今回は、
衝撃の医師・医者ぶっちゃけスペシャル。

日本の名医達によって、
病気に関する常識がくつがえされる。

体外受精の現状とは?

産婦人科医・船曳美也子が、
体外受精の現状について明かす。

現在は、
高齢出産が増えているが、
それと共に、
体外受精が増えていて、
ごく当たり前の治療方法となってきている。

2011年に産まれた新生児の、
32人に1人が、
体外受精で産まれた赤ちゃん・子供であると、
調査結果が出ている。

つまり、
数年後には小学校のクラスに1人は、
体外受精で産まれた子供という事になり、
そんなに珍しい事ではなくなっている。

レビュー

クラスに1人は、
体外受精から産まれた子供がいるとか、
凄い時代ですね。

クローンと異なりますから、
モラル的にどうとかは一切ないとは思いますが、
人間の生命を、
本当に人間自身が操作出来る時代になったのだなと、
個人的には感じました。

しかし、
一方でこれだけ不妊治療が進んでいるにも関わらず、
少子高齢化が止まらないのは憂う事態ですね。

要は、
妊娠・出産に関する医療技術ではなく、
子供を欲しがらない、
結婚したがらない人達が増えているという訳ですから。

行政側には、
子供を産みたい、
結婚したいと思える環境の整備を、
願いたい所ではあります。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

2 Responses to “ジョブチューン|体外受精の現状とは?”

  1. order viagra online

    ジョブチューン|体外受精の現状とは? | 日刊てれじろう

  2. buy chloroquine phosphate

    ジョブチューン|体外受精の現状とは? | 日刊てれじろう

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ