ジョブチューン|便秘の人がゴボウやサツマイモを食べると逆に便秘がひどくなる場合・可能性もある

※ジョブチューン 2014年3月8日放送分より

今回は、
衝撃の医師・医者ぶっちゃけスペシャル。

日本の名医達によって、
病気に関する常識がくつがえされる。

便秘の人がゴボウやサツマイモを食べると
逆に便秘がひどくなる場合・可能性もある

いつもお腹が張っていて辛い。

トイレで頑張っていてもスッキリしない。

女性の約3割が悩んでいる便秘

そんな便秘解消のプロフェッショナルが、
内科医・小林暁子

自身のクリニックの便秘外来で、
これまで、
1万8000人もの便秘患者を治療してきた。

そんな内科医・小林暁子は、
便秘解消の為に、
食物繊維の多い、
ゴボウやサツマイモを食べると、
逆に便秘が酷くなる事があるとぶっちゃけた。

食物繊維には、
水溶性食物繊維といって、
水に溶ける食物繊維と、
不溶性食物繊維といって、
水に溶けない食物繊維がある。

ちなみに、
ゴボウ、サツマイモに含まれるものは、
不溶性食物繊維である。

非常にひどい便秘の人は、
不溶性の繊維を一生懸命食べてしまうと、
逆に腸が動いていない所に、
繊維が詰まってしまうような形になってしまう。

繊維を摂り過ぎて、
腹痛がひどくなり、
救急車で運ばれたという事例もあるという。

レビュー

ゴボウ・サツマイモが、
全ての便秘解消に逆効果という訳ではないので、
注意が必要です。

あくまでも便秘が酷い、
重症化してしまっている場合によくない、
という事ですね。

基本的に、
感覚的にお通じの状態が良くない程度の、
便秘である場合は、
依然として不溶性食物繊維だとしても、
便秘改善に有効なので、
積極的に摂取する必要はあるのかと思われます。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ