ジョブチューン|どんなに仲がいいカップル・夫婦でも ダブルベッドで寝ない方がいい!

※ジョブチューン 2014年3月8日放送分より

今回は、
衝撃の医師・医者ぶっちゃけスペシャル。

日本の名医達によって、
病気に関する常識がくつがえされる。

どんなに仲がいいカップル・夫婦でも
ダブルベッドで寝ない方がいい!

睡眠の専門家・精神神経科医・古賀良彦によると、
ベッドは夫婦・カップル仲が良いと、
ダブルベッドが良いと言うが、
これは本当は良くないという。

この理由は寝返り。

寝返りというのは、
一晩で多い人だと20回位行う。

そうすると、
隣で寝返りされると、
体が傾いたり、
当たったりして目が覚めるので、
ダブルベッドでは熟睡出来ないのである。

なので、
寝るのは本当はダブルベッドではなく、
シングルベッドを分けるツインの方が良いのである。

但し、
どうしても、
一緒に寝たいという人も中にはいる。

このような場合は、
シングルベッドを2つくっ付けるのが良い。

一見ダブルベッドのように見えるが、
ベッドのスプリング自体が違うので、
寝返りの影響を受けにくくなるのである。

また同様の理由で、
掛け布団を共有するのも、
安眠の妨害になるので避けた方が良い。

レビュー

ダブルベッドよりは、
シングルベッドを2つ並べた方が、
睡眠の質に良い、
という古賀良彦先生の説明は、
非常に理解出来ます。

但し、
ダブルベッドの広さって、
シングルベッド2つ分もないんですよね。

シングルベッド2つ分の広さともなると、
おそらくクイーンサイズのベッド位の、
大きさになるかと思います。

そうなると、
相応な部屋の広さが必要になりますし、
なかなか実現が難しい話とも言えそうです。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ