相葉マナブ|ハンガーがズボンからずり落ちないテクニック!掛け方を工夫するだけのその簡単な方法とは?

※相葉マナブ 2013年11月17日

今回は視聴者から寄せられた、
暮らしに役立つテクニックが
本当にそうなるのか、
なぜそうなるのかを、
実際に検証しながらその原理を学ぶ。

整理整頓に役立つテクニック
ハンガーがズボンからずり落ちない!?

ハンガーがズボンからずり落ちないテクニックを紹介。

ツルツルしたスーツのズボン(スラックス)をはじめ、
ズボンをハンガーにかけても、
すぐに落ちてしまう事はよくある。

すべり止めの付いたハンガーも売っているが、
洗濯バサミなども用いず、
いつものハンガーのかけ方を工夫するだけで、
ズボンをずり落ちにくくさせる方法があるという。

その方法とは、
ズボンをハンガーに掛ける時に、
両脚の裾を巻き込むようにかけると、
全然ずり落ちなくなるという。

やり方は、
まずズボンの片脚だけを、
ズボンの股の方に向かってハンガーに掛け、
その上からもう片方の脚をかけるだけである。

実際にずり落ちにくくなるのか検証した所、
普通にかけたものよりも、
格段にずり落ちにくくなった。

この方法の原理は摩擦力にある。

布(ズボン)とプラスチック(ハンガー)であると、
摩擦が小さいので滑りやすい。

しかし布同士が重なると、
摩擦力が大きくなり、
ずり落ちにくくなる。

つまり、ズボンの重ねた布同士が、
ストッパーの役割を果たしている。

ちなみに、
この方法であれば、
はずれずらいだけでなく、
非常に取りやすい。

レビュー

特にスーツのパンツ、
要はスラックスはずり落ち易いですからね。

普段からスーツをよく着用するという方にとっては、
役立つ情報だったのではないのでしょうか。

ちょっと文字で起こすと、
やり方わかりづらいかもしれませんが、
是非実践して頂けたらと思います。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ