ジョブチューン|寝る時の格好はパジャマ下着は着けない方が熟睡できる

※ジョブチューン 2014年3月8日放送分より

今回は、
衝撃の医師・医者ぶっちゃけスペシャル。

日本の名医達によって、
病気に関する常識がくつがえされる。

寝る時の格好はパジャマ
下着は着けない方が熟睡できる

睡眠の専門家・精神神経科医・古賀良彦によると、
寝る時にベスト・最適な格好・服装は、
やはりパジャマが良いという。

他にも、
あえて言えば下着を着けない(ノーパン)が良いという。

体を締め付けるのは、
寝る時は勿論、
基本的に体に良くない事である。

スウェットで寝る人も多いが、
スウェットは袖口が縛られている場合が多く、
睡眠の質を上げるには良くない。

ちなみにパジャマの素材は、
体の外側をほんのりと温める物が良いので、
コットンがオススメだという。

なのでシルクの様な生地は、
体を温めてしまうので良くない。

レビュー

人間の体を締め付けるのは、
要は血管を押さえつける事に他ならないので、
血流が悪くなるという事。

血流が悪くなれば、
睡眠の質が悪くなるのは、
容易に想像がつきますよね。

ちなみに、
この話の延長線上で言えば、
女性の場合、
胸の形が悪くならないように、
寝ている時でも下着(ブラジャー)を、
着用する方がいると思いますが、
こちらも同様の理由で、
睡眠の質を妨げる要因となります。

ですから、
寝る際はノーブラで寝た方が、
良いと言えるそうです。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ