得する人損する人|むくみ対策!揉んでもむくみ改善には効果がない!顔・上半身のむくみは危ない!がんのサインの可能性!

※あのニュースで得する人損する人 2013年12月12日放送分より

今回は冬の健康トラブル解決スペシャル。

むくみ対策

むくみとは、
皮膚の下に不要な水が溜まった状態のこと。

多くの女性が日常的に悩んでいるむくみは、
運動不足による筋力や基礎代謝の低下からくる、
血流の悪化が原因とされている。

しかし、
ひどいむくみの場合は、
心不全や腎不全など、
命を脅かす病気のサインの可能性がある。

だからこそ日常的なむくみは解消したい所である。

男女2000人が回答した、
むくみで実践している対策ベスト3の紹介。

第3位は「足をあげて高くする」。

第2位は「着圧ソックス」。

第1位は「足を揉む」。

実はこの3つの中に、
専門家から見ると効果が期待出来ない、
やるだけやって損している対策がある。

損する「むくみ」対策
揉んでもむくみ改善には
あまり効果がない!?

それは「足を揉む」こと。

お茶の水血管外科クリニック院長の、
広川雅之先生によると、
足のむくみというのは静脈(血液)の、
流れが悪い為に起きている。

よって、
足の筋肉を揉んでもむくみは解消されない。

しかし、
簡単な運動と、
ちょっと違う方法のマッサージをすれば、
足のむくみを解消する事が出来る。

得するむくみ対策
むくみ改善にいいマッサージ

それは「さするマッサージ」である。

足のむくみは静脈の機能低下によって発生する。

足の静脈の血液が心臓に向かって、
戻りにくくなる事が原因で起こっているので、
足首から心臓に向かってさするように、
マッサージしてやるのが非常に効果的である。

ポイントは、
さする際に足首から心臓へ向かって行う事である。

更に足首を上下させる運動も、
併用すると効果的である。

実際にさするマッサージがどれほど効果があるのか、
2人の女性に試してもらうと、
10分間で数ミリのむくみ改善がみられた。

危ないむくみ!
上半身だけむくみはがんのSOS!

顔など上半身だけがむくんでひどい場合は、
上大静脈症候群という、
がんとか腫瘍が胸の中にある可能性がある。

上大静脈症候群とは、
肺がんなどの悪性腫瘍が胸の中に出来る事。

腫瘍が血管を圧迫し、
血液が上半身に溜まる事で、
顔などにむくみが生じる。

もし急に顔だけがむくむ人は、
一度病院の診察を受けた方が良い。

レビュー

足を揉むだけで、
むくみが解消されないというのは有名な話。

たまに、
足を揉む時に上から下に揉んでいる人がいますが、
それは逆効果。

まぁこの方が揉みやすいですから、
そのように揉んでいるのかもしれませんが、
あしのむくみを解消するには下から上へ。

この方向をきちんと意識しておきましょう。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ