得する人損する人|冷え性対策!手足に汗をかくタイプの人は靴下を履いて寝たら逆効果!

※あのニュースで得する人損する人 2013年12月12日放送分より

今回は冬の健康トラブル解決スペシャル。

冷え性対策

体を温めても、
すぐに手足が冷えてしまうという冷え性

男女2000人が回答した、
冷え性で実践している対策ベスト3の紹介。

第3位は「ショウガを摂取」。

第2位は「靴下を履いて寝る」。

第1位は「厚着・重ね着」。

実はこの3つの中に、
専門家から見ると効果が期待出来ない、
やるだけやって損している対策がある。

損する冷え性対策
靴下を履いて寝たら逆効果!?

それは「靴下を履いて寝る」こと。

冷え性を専門とする、
目黒西口クリニック院長の、
南雲久美子先生は、
あるタイプの人が損をすると語る。

冷え性には緊張して、
手足に汗をかくタイプの人がいるが、
このようなタイプの人は、
寝ている時は余計に緊張が高まって、
汗をかいてしまう。

このタイプの人が靴下を履いて寝ると、
体温調節が出来なくて、
汗がずっと靴下に残ってしまうので、
余計に冷えてしまう。

つまり冷え性のタイプによっては、
汗で足が冷えてしまい逆効果となる。

得する冷え性対策

南雲久美子先生によると、
足先に汗をかいてしまうような人は、
靴下を履くのではなく、
足先が出ているレッグウォーマーや、
熱くなったらぽんと蹴られる、
湯たんぽで温めるのが理想的であるという。

レビュー

厳密に言えば、
足に汗をかくタイプの人にとっては、
かえって逆効果になる冷え性対策という事になりますね。

ですからそのような傾向にない人にあっては、
問題はないと
言えるでしょう。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ