秘密のケンミンSHOW|桐生市に住む群馬県民はラーメンに餃子の餡が入った「ギョーザラーメン」を食べる!

※秘密のケンミンSHOW 2013年11月28日放送分より

群馬県民の秘密のごちそう

やってきたのは群馬県の東部に位置する桐生市

この歴史ある織物の町に、
番組が見落としていた謎のごちそうがあった。

桐生は東洋一の紡織工場があり、
世界と繋がっていたので、
創意工夫・イノベーションのある食べ物であるという。

そしてその食べ物はラーメン屋さんにあり、
ラーメン屋と関係があるらしい。

ということで、
群馬県・桐生市の人気のラーメン店「」へ向かった。

緑溢れる店内で、
注文の模様を観察すると、
謎のラーメンをほぼ全員がオーダーしていた。

なんだかさっぱり分からないので、
謎のラーメン作りを見てみる。

まず麺は自家製の平打中太麺を使用。

続いて自家製の肉味噌を中華鍋にセットし、
そこにニラをはじめとした、
白菜、もやし、人参、玉ねぎを投入。

更に鶏ガラベースのスープを加えて炒める。

ここでラーメン屋のご主人が取り出したのが、
ラーメン作りには関係ない謎の食材。

するとそれを、
先程のラーメンスープに豪快に投入。

続いて謎のスープが麺に注がれ完成。

その謎のラーメンを、
客は皆美味しそうにすすりまくっている。

果たして桐生市の群馬県民が食べる、
謎のラーメンの正体とはなんなのだろうか。

桐生市に住む群馬県民は
ギョーザラーメンを食べる!?

桐生市に住む群馬県民は、
ラーメンに餃子の餡が入った、
その名も「ギョーザラーメン」を食べる。

先程の「ラーメン 在」でメニューを見ると、
至ってベーシックなラーメンメニューが並ぶが、
堂々とトップに「ギョーザラーメン」の名前があった。

すると、出てきたギョーザラーメンは、
茶色いスープに野菜が盛られたビジュアルで、
全然餃子っぽくない。

餃子の形はしていないが、
実は餃子の味はしっかりしているという。

他県民には想像できないが、
そんな餃子味のギョーザラーメンを、
県民達は美味しそうにすすっている。

気になるギョーザラーメンの作り方を紹介。

まずは上述の肉味噌と、
5種類の野菜を炒めると鶏ガラベースのラーメンスープを加えた。

そして、
満を持して、
ラーメン屋のご主人が取り出したのは「餃子の餡」。

この餃子の餡は自家製の、
オーソドックスな具材で作られる餡で
レギュラーメニューの焼き餃子にも使われる餡である。

するとその餡を中華鍋の中にダイレクトに投入。

実に餃子6個分に相当する餡をじっくり混ぜ込むと、
更にここで登場したのは、
お酢・醤油・ラー油でご存知餃子のタレの三種の神器

ギョーザラーメンは、
餡だけでなく味付けまでも餃子に寄せた

すなわち皮以外はほぼ餃子テイストのスープである。

そして1分程さっと煮込んだモノを、
上述の麺とドッキングさせて完成。

ちなみに「在」には16種類のラーメンメニューがあるが、
ギョーザラーメンは、
40年間他のラーメンに注文数で負けた事がないという。

更に店内を見ていると、
ご飯にギョーザラーメンのスープをかけた、
ギョーザラーメンライスを食べる通な人もいた。

どのようにギョーザラーメンは生まれた?

ご主人にどのように、
ギョーザラーメンが生まれたかたずねると、
ギョーザラーメンはご主人が、
40年前に考えたメニューであった。

最初はお客が、
「ラーメンと一杯具があるような物を食べたい。」、
と言われた事がきっかけで、
餃子の皮を一緒に握ったものを入れていたが、
あまり美味しくなかったので、
餃子の皮を剥いで、
煮込んでみたら美味しくいったので誕生したという。

ちなみに「在」では餃子も美味しいと評判の為、
ギョーザラーメン&餃子で注文する人もいるという。

ギョーザラーメン大試食会

スタジオにギョーザラーメンが登場し、
出演者が試食。

すると、
表現のしようがないくらいに美味いと大絶賛された。

スープだけをご飯にかけても絶品だろうとコメント。

レビュー

かなり変わった、
いわゆるキワモノメニューといった具合ですね。

しかし、
元を辿れば餃子もラーメンも中華料理。

相性は良いはずなので、
きっと美味しいのだろうなとは思います。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ