秘密のケンミンSHOW|長岡市に住む新潟県民は揚げパンに半熟の煮玉子を丸ごと入れた「煮たまごパン」を食べる!

※秘密のケンミンSHOW 2013年11月28日放送分より

新潟県民の秘密のごちそう

今回は新潟県民の秘密のごちそう。

やってきたのは新潟県第二の都市・長岡市

日本屈指の花火王国の名にふさわしく、
真冬にも花火大会を開催するこの町に、
局地的ながら、
衝撃的な超びっくりグルメがあった。

そのグルメは人気があってすぐに無くなってしまう。

食感はトロ~としててジュワ~と、
口の中に広がるという。

このグルメは、
新潟県・長岡市にある、
ベーカリー「旭屋」で販売されている。

実は旭屋は大正元年創業の超老舗である。

ちょっとレトロな風情漂う店内では、
オーソドックスなパンから、
昔ながらの惣菜パンをはじめ、
目の前で好みのジャムを塗ってもらえる、
コッペパンなどを販売している。

そしてお店の一角に、
パン屋さんらしからぬネーミングのパンを発見。

ぱっと見、
カレーパンのような見た目だが、
その中身は他県では決してパンの具材にはならないような、
衝撃的な物が入っていた。

新潟県民はその衝撃的なパンを、
次々と購入していった。

果たして新潟県民の揚げパンには、
一体何が入っているのだろうか。

長岡市に住む新潟県民は
揚げパンに半熟の煮玉子を丸ごと入れた
「煮たまごパン」を食べる!?

長岡市に住む新潟県民は、
揚げパンに半熟の煮玉子を丸々1個入れた、
その名も「煮たまごパン」を食べる事が明かされた。

先程の旭屋では、
パン屋さんにらしからぬネーミングの、
半熟煮たまご」と書かれた謎の商品が販売。

気になる揚げパンの中身を見てみると、
揚げパンの中からトロトロの煮玉子が登場。

半熟の黄身と白身がふかふかのパンに包まれ、
生地だけめくると、
生地がまるで巣のように、
煮玉子が中にすっぽりおさまっていた。

煮たまごパンの作り方を紹介。

まずは地元・新潟産の卵をボイル。

このままでも十分美味しそうな半熟卵を、
ラーメン屋さんさながらに、
醤油ベースの特製ダレで煮込むこと2分、
その後、一晩冷蔵庫でじっくり寝かせれば、
メイドインパン屋の煮玉子が完成。

この煮玉子はパン生地と油に負けないように、
ラーメン屋さんの煮玉子よりも、
ちょっと濃い目に作られているという。

カレーパンと同じやや甘めのパン生地を成形したら、
煮玉子をパン生地に包む。

最後にパン粉をつけ油で揚げれば、
長岡市に住む新潟県民が愛する半熟トロトロの、
煮たまごパンが完成する。

どのように煮たまごパンは誕生したのか?

旭屋のスタッフに聞くと、
約9年位前に新年会の席である業者から、
卵を1個入れてパンを作ったらどうか?
というアイデアを聞いて、
即始めたのだという。

しかしただのゆで卵じゃ面白く無いので、
半熟の煮玉子を採用したという。

また醤油味の煮玉子にしたのは、
長岡ラーメンのトッピングの煮玉子に、
ヒントを得たからだという。

更に街頭インタビュー中、
煮玉子に関する驚きの情報を入手。

それは日によって煮玉子の硬さが違う事である。

実は長年使い込んだ、
ガスコンロが原因で火力にムラが生じている為、
このような硬さの違いが出てしまうのだという。

煮たまごパン大試食会

スタジオに煮たまごパンが登場し、
出演者が試食。

パン生地が甘くてもっちりで、
煮玉子の醤油味が、
非常にマッチしていて、
おいしいと感想が述べられた。

レビュー

こちら半熟煮玉子揚げパンは、
このお店ではありませんが、
私の知っているパン屋さんでも販売されていたので、
食してみましたが非常に美味しいです。

完熟茹で卵が入った揚げパンはよく販売されていますが、
半熟卵は珍しいですね。

今後とも色んなお店で販売して頂きたいと、
願っております。

オススメ関連記事

人気記事TOP5

              

    

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

おすすめ商品

このページの先頭へ